佐渡ヶ嶽親方の若い頃はイケメンで嫁(おかみ)はどんな人?

佐渡ヶ嶽親方は琴ノ若関の父親であることでも知られていますね。

親方は現役中に結婚しましたが、若い頃はどんな風だったのでしょう。

現在おかみさんとなっている妻もあわせてご紹介します。

佐渡ヶ嶽親方の若い頃

現在の佐渡ヶ嶽親方は現役時代の四股名が琴ノ若晴將(てるまさ)で、本名が鎌谷満也(かまたにみつや)さんです。

つまり息子の琴ノ若関は2代目になるんですね。

初代の琴ノ若は1968年5月15日、山形県尾花沢市に生まれました。

中学校に入学した時にはすでに身長が180cmあり、柔道で活躍するなどスポーツ万能な少年でした。

その評判を聞いた元横綱琴櫻の佐渡ヶ嶽に勧誘され、中卒で佐渡ヶ嶽部屋に入門。

1984年5月場所で初土俵を踏みました。

1990年11月場所で新入幕。

1993年9月場所で新小結に昇進。

1999年1月場所で新関脇に昇進。

2000年3月場所での膝の大ケガが致命傷になり、素質は十分と言われながら大関に昇進できませんでした。

現役中に殊勲賞2回、敢闘賞5回、金星8個獲得しています。

2005年11月場所13日目に師匠の琴櫻が65歳の定年を迎えたため、初代琴ノ若は現役を引退し、年寄・13代佐渡ヶ嶽を襲名しました。

琴ノ若自身は師匠の跡を継ぐためにやむを得ずという感じで、まだ現役を続けたいという気持ちがあったようです。

若い頃は端正な顔立ちから女性ファンが多く、角界では初めてとなるスポーツグラフィック誌の表紙を飾ったくらいでした。

現役時代の動画がこちら。

こうして見ると息子と体格が似ているなあと感じますね。

佐渡ヶ嶽親方の現在

佐渡ヶ嶽親方は2022年1月場所後の協会役員候補選挙で理事候補に立候補し、無投票当選しました。

現在審判部長に就任しています。

息子の琴ノ若関や弟子たちの取組を土俵下で見られるのは、やはりうれしいのではないかと思います。

琴ノ若関の取組で物言いがついた時、佐渡ヶ嶽親方が差し違えで琴ノ若関を勝ちとしたこともありました。

そんな場面はこれからも見られそうですね。

佐渡ヶ嶽親方の嫁

当時琴ノ若の佐渡ヶ嶽親方は1996年4月、27歳の時に、師匠である琴櫻の長女・真千子さんと婿入りの形で結婚しました。

婿入りのため、琴ノ若の本名は今野から鎌谷へと姓が変わったのです。

真千子さんは1971年6月生まれで、琴ノ若は1968年5月生まれなので、3歳違いになるんですね。

二人が息子と一緒に写っているのがこちら。

二人が結婚した背景には琴櫻の意向がありました。

琴櫻は琴ノ若を部屋の後継者に決め、真千子さんと結婚させることにしたのです。

当時留学でアメリカにいた真千子さんに、電話で「お婿さんは琴ノ若」だと言ったそうです。

琴ノ若は中卒で入門しているので、真千子さんとは子供の時からよく知っている間柄だったでしょう。

でも二人に恋愛感情があったのかは不明です。

電話でいきなり結婚相手を告げられた時、真千子さんは驚いたと思います。

ただ、このようなことは相撲部屋では昔はよくあったみたいですね。

かつて部屋持ちの親方は娘が誕生すると、赤飯を炊いて喜んだそうです。有力な弟子と結婚させて養子縁組すれば、部屋は安泰となるからです。

琴櫻も娘の真千子さんを琴ノ若と結婚させることができて、ほっと一安心したのではないでしょうか。

佐渡ヶ嶽親方の若い頃と嫁(おかみ)のまとめ

初代琴ノ若の佐渡ヶ嶽親方は関脇まで昇進しましたが、度重なるケガのため大関への昇進はかないませんでした。

若い頃はイケメン力士として人気があり、スポーツ雑誌の表紙にもなっています。

現役中に師匠の琴櫻の長女と結婚し、現在2代目琴ノ若となっている長男が誕生しました。

2代目琴ノ若が父を番付で超える日が来るのが待ち遠しいです。

▼関連記事▼