豊昇龍の性格は?朝青龍と似ている?

豊昇龍関は元横綱朝青龍の甥だけあって、二人は顔が似ていますね。

似ているのは顔だけなのでしょうか。豊昇龍関の性格について調べました。

豊昇龍の性格

師匠の立浪親方によれば豊昇龍関は「負けず嫌いで、兄弟子の明生に負ければ悔しがってさらに稽古している」そうです。

確かに顔つきを見ていたらいかにも負けん気が強そうですし、それが相撲にも表れていますね。

朝青龍も負けん気が強く、激しい気性と言われましたが、そういった気の強さは豊昇龍関もよく似ています。

豊昇龍関自身「気持ちでは誰にも負けないように」意識しているそう。目指すのは「テッペン」というのも納得です。

また立浪親方は「叔父さんと比較されるけど、皆が思っているより素直」だと、豊昇龍関の性格について言っています。

立浪部屋東京後援会の会長も豊昇龍関のことを「普段は謙虚でおとなしい」と話しました。

そして朝青龍のようにやんちゃではないようで、取材対応も生真面目で土俵を出たら普通の若者だそうです。

それを知ってホッとしたのは私だけではないはず。

朝青龍は師匠を困らせた横綱だったので、現役時代の彼には私はあまり良い印象を持っていませんでした。荒々しいのは土俵上だけがいいですね。

かつて朝青龍のライバルだった玉ノ井親方(元大関栃東)によれば、豊昇龍関は「性格面は豊昇龍の方が朝青龍よりおっとりしている」そうです。

負けず嫌いの点では似ている二人ですが、豊昇龍関はなにかと朝青龍と比べられるのは嫌みたいです。

朝青龍もこんなツイートをしています。

甥っ子を思いやる朝青龍のやさしさが見えますね。

感心なことに豊昇龍関はあまりお酒を飲まないそうです。朝青龍に「絶対に飲み過ぎちゃいけない」とずっと言われていたので、その約束を守っているようですね。

朝青龍自身、場所中に泥酔して騒動を起こしたことがあるため、甥っ子にはお酒で失敗してほしくないのでしょう。

豊昇龍関にとっては朝青龍は師匠よりも怖い存在なので、朝青龍が目を光らせている限り、もめごとを起こす可能性はないのかなと。

 

また怖いのは朝青龍だけではなく、怖い映画なども苦手のようです。

またこんないたずらな一面も。

こんなところを見ると、なんだか笑みがこぼれますよ。

豊昇龍の性格まとめ

豊昇龍関は朝青龍と同じように負けず嫌いだけれど、素直な性格のようです。

豊昇龍関は怖い顔で対戦相手をにらみつけることもありますが、土俵を離れたら普通の若者で、いたずらっ子な一面も持っていることがわかりました。

土俵上とは違う豊昇龍関の笑顔にやられる女性も多そうですね。