島津海はハーフ?両親と兄弟はどんな人?家族まとめ!

放駒部屋の島津海関はもろ差しを得意とする力士です。

そんな島津海関はハーフという噂があるようですが、本当でしょうか。

実家の両親と兄弟はどんな人なのでしょう。

島津海関の家族についてまとめました。

島津海はハーフ?

島津海関は1996年5月18日、鹿児島県西之表市(にしのおもてし)で生まれました。

西之表市は種子島北部にある市です。

「島津海」と検索すると「ハーフ」と出てきますが、島津海関がハーフの事実はありません。

色黒なのでハーフなのではないかと思われたのでしょう。

島津海関の元師匠の若嶋津も種子島出身で、色が浅黒かったことから「南海の黒ヒョウ」と呼ばれていました。

島津海関は顔がハーフっぽいということもないですし、両親は日本人の名前です(この後で触れます)。

本当にハーフの力士には御嶽海関や高安関、琴勝峰関などがいます。

島津海の両親

島津海関の実家は鹿児島県西之表市現和校区の庄司浦(しょうじうら)にあります。

島津海関の父の名前は中園信乃(しの)さんで、地元の草相撲の強豪力士でした。

後に相撲チームの監督も務めました。

父は現役時代の若嶋津と相撲を取る機会があり、それが若嶋津が興した松ヶ根部屋へ島津海関が入門するきっかけになったのです。

 

母の名前は美幸さんです。

両親は地元で安納芋を栽培しているようで、島津海関の化粧まわしにも本人の希望で安納芋が描かれています。

島津海関が角界入りを決めた時には父は喜んだけれど、母は最後まで心配したそうです。

そして島津海関の新十両昇進が決まった時には、母は泣いて電話をくれたそう。

島津海関は中卒で角界入りし、十両に上がるまで10年かかったので、両親もすごく喜んだのでしょう。

島津海の兄弟

島津海関は4人兄弟の2番目です。

兄の名前は(かい)さん、弟の名前は(よう)さん、妹は(のん)さんです。

島津海関の名前は空(そら)なので、4人とも漢字一文字なんですね。

種子島という自然豊かなところで生まれた子供たちにピッタリの名前かもしれません。

「島津海はハーフ?両親と兄弟はどんな人?家族」まとめ

島津海関はハーフの噂があるようですが、ハーフの事実はありません。

島津海関の両親は種子島で安納芋を栽培しています。

島津海関は4人兄弟で、兄、弟、妹がいます。

家族みんな島津海関の活躍を楽しみにしているのでしょうね。

▼関連記事▼