欧勝馬の学歴は?出身中学・高校・大学まとめ

鳴戸部屋の欧勝馬関は恵まれた体格で、将来が期待できる力士ですね。

そんな欧勝馬関の出身中学や高校、大学の成績はどのようなものなのでしょう。

欧勝馬関の学歴をまとめました。

欧勝馬の学歴

欧勝馬の出身中学校

欧勝馬関は1997年4月9日、モンゴル国トゥブ県で生まれました。

トゥブ県とは耳慣れないですが、首都のウランバートルを取り囲んでいる県です。

欧勝馬関の出身中学はモンゴルなのでしょうが、どこなのかはわかりませんでした。

欧勝馬関は14歳の時にブフというモンゴル相撲を始めました。

ブフは土俵がなく、ひじ・頭・背中・尻のいずれかの部分を地面につけたら負けというルールだそうです。

モンゴル相撲は朝青龍の兄たち、つまり豊昇龍関の叔父たちも取り組んでいた競技です。

欧勝馬の出身高校

欧勝馬関がモンゴルで入学した高校も不明です。

欧勝馬関は16歳の時に、朝青龍の父の誘いもあり、レスリングを始めました。

そして朝青龍の紹介で、高校2年の4月にレスリング留学のため来日し、日本体育大学柏高校に入りました。

偏差値は42~55です。

豊昇龍関も同じ飛行機で来日し、同じ高校に入りましたが、同高校からレスリング選手としてスカウトを受けたからです。

しかし豊昇龍関は1年でレスリング部を退部し、相撲部に入っています。

豊昇龍関は1999年5月生まれなので、欧勝馬関のほうが2歳上ですが、高校では同級生になりました。

欧勝馬関はモンゴルで幼い頃からテレビで相撲を見ていて、力士になることを夢見ていたそうです。

欧勝馬関はレスリング部に所属し、2年生の時に高校選抜個人120kg級優勝、3年生の時に高校総体120kgで優勝しました。

欧勝馬の出身大学

欧勝馬関は高卒後、日本体育大学スポーツ文化学部武道教育学科に進学しました。偏差値は40となっています。

欧勝馬関は大学で初めて相撲を始めました。大学の後輩には大の里関などがいます。

欧勝馬関の大学での相撲の成績は以下の通りです。

・1年生

全国学生選手権で3位。

入学後わずか半年でのことだったので、注目を集めたようです。

・2年生

全国大学選抜十和田大会優勝

全国学生体重別大会無差別級優勝

全国学生選手権ベスト8入り

・3年生

全国大学選抜宇佐大会優勝

全日本大学選抜金沢大会優勝

全国学生選手権3位

欧勝馬関の右に大の里関がいますね。左は朝紅龍関でしょうか。

・4年生

全国学生選手権優勝

欧勝馬関は全国学生選手権で優勝して学生横綱となり、幕下15枚目格付出の資格を獲得しました。

欧勝馬関は中学ではモンゴル相撲の経験はありましたが、日本の相撲は大学から始めているので、ほんの4年間でメキメキと力を付けたのですね。

素質もあったのでしょうか。

欧勝馬の入門後

欧勝馬関は大学を卒業して、幕下15枚目格付出の資格を引っ提げて、鳴戸部屋に入門しました。

欧勝馬関の持ち味はレスリング仕込みの低い体勢と言われます。

190センチの上背だが、上体を起こさず、頭をつけて圧力をかけながら絶妙なタイミングではたき込む。

引用:日刊ゲンダイ

高校時代のレスリングの経験が生きているんですね。

欧勝馬関は初土俵で勝った4番の決まり手は全てはたき込みでした。

欧勝馬関は2022年7月場所で十両に上がってから、2024年5月場所で新入幕を果たすのに、2年近くかかりました。

元大関・琴欧洲の鳴戸親方が部屋を創設してから初の幕内力士となったのです。

欧勝馬関はモンゴル出身なのに四股名に「欧」の字が付くのは、琴欧洲の「欧」を取ったからです。

鳴戸部屋の力士には他にも欧勝海関のように「欧」の字が付くことが多いです。

2024年春場所では尊富士関が110年ぶりに新入幕優勝を果たしましたが、欧勝馬関とは大学時代にしのぎを削ったライバル同士です。

欧勝馬関はその尊富士から大いに刺激を受けたようですね。

 

プロフィール

四股名:欧勝馬出気(おうしょうまでぎ)

本名:プレブスレン・デルゲルバヤル

生年月日:1997年4月9日

出身:モンゴル・トゥブ県

身長:190cm

体重:158kg

血液型:O型

所属部屋:鳴戸部屋

得意技:押し、いなし

欧勝馬の学歴(出身中学・高校・大学)まとめ

欧勝馬関は高校2年生の時にレスリング留学で日本体育大学柏高校に入りました。

その後、日本体育大学に進学し相撲を始めました。

4年生の時に学生横綱となり、幕下15枚目格付出の資格を得て、鳴戸部屋に入門しました。

▼関連記事▼