大の里の学歴は?出身小学校、中学、高校、大学まとめ!

二所ノ関部屋の大の里関は恵まれた体格で、師匠からも将来を期待されています。

そんな大の里関の出身小学校、中学校、高校、大学はどこなのでしょう。

大の里関の学歴についてまとめました。

大の里の学歴

出身小学校

大の里関は石川県河北郡津幡町に生まれ、津幡小学校に入学しました。

そして小学1年の時に津幡町少年相撲教室で相撲を始め、小5、小6の時にわんぱく相撲全国大会に出場しました。

大の里関は小学生で牛丼大盛り3杯食べていて、同級生より常に頭一つ大きかったそうです。

しかし大の里関を小学校の6年間、相撲教室で指導した人によると、大の里関は

「小学校の時は体が大きく強い選手がいたので正直ここまで強くなるとは思わなかった」

「ずば抜けて大きくもなかったし相撲の大会でも目立った存在ではなかった」

ということです。

大の里関は小学校の時はまだ、注目されていなかったようですね。

出身中学校

大の里関は小学校を卒業後、新潟県糸魚川市立能生中学校に入学しました。

県外の中学を選んだのは、小学校の時相撲であまり勝てなかったため、相撲だけに集中して相撲を強くなりたいと思ったからです。

大の里関は中3の時に全国都道府県中学生選手権個人3位、全中個人32強、白鵬杯優勝という成績を残しました。

出身高校

大の里関は中学を卒業後、新潟県立海洋高校に進みました。

海洋高校は水産科専門の高校ですが、相撲の強豪として知られています。

大の里関は高1の時に高校総体個人2位、十和田大会個人3位、選抜大会個人16強となりました。

高2の時には高校総体個人32強、選抜大会個人32強となりました。

高3の時には金沢大会個人3位、高校総体個人64強、十和田大会個人優勝、団体少年の部個人3位の成績を残しています。

中学、高校と新潟で過ごした大の里関は、「新潟で土台ができた。今の自分があるのは新潟のおかげ」と感謝しているそうです。

出身大学

大の里関は高校を卒城後、日本体育大学のスポーツ文化学部武道教育学科に進学しました。

高校の時に全国大会で2度以上優勝できたら角界、できなければ進学と決めていたそうです。

大学での学年ごとの成績がこちら。

1年生

・宇佐大会個人3位

・東日本新人戦優勝

・和歌山大会個人優勝

・東日本学生選手権個人3位

・金沢大会個人3位

・東日本学生体重別135kg以上級優勝

・十和田大会個人3位

・全国学生体重別135kg以上級優勝

・国体成年の部個人優勝

・全国学生相撲選手権個人優勝(学生横綱)

2年生

・東日本学生体重別135kg以上級2位

・全日本選手権8強

3年生

・東日本学生選手権個人優勝

・東日本学生体重別135kg以上級優勝

・全国学生体重別135kg以上級優勝

・全日本相撲選手権優勝(アマチュア横綱)

4年生

・ワールドゲームズ重量級2位、無差別級優勝

・東日本学生体重別135kg以上級優勝

・全国学生体重別135kg以上級2位

・国体成年の部個人優勝

・全国学生相撲選手権個人2位

・全日本相撲選手権優勝(アマチュア横綱)

上の写真で真ん中に立っている石崎涼馬さんは朝紅龍関の弟さんです。

 

以上のように大学で目覚ましい活躍をしてきた大の里関ですが、2年の時にはスランプがあり苦しい時期もあったそうです。

大の里関の母によれば、大の里関は小学校の時から社会が好きで、社会の教員になる夢も持っていました。

大学では教員になる勉強もして、4年の時には母校の海洋高校へ教育実習に行きましたが、最終的に大相撲の世界に入ることになりました。

そして新入幕を決めた時にはアマチュア相撲の経験がある父が

「自分ができなかった夢をかなえた息子が誇らしい」

と話しました。

また大の里関は同じ部屋の白熊関とは中学から大学まで一緒でした。そのため二人は仲がいいようです。

大の里プロフィール

本名:中村泰輝(だいき)

生年月日:2000年6月7日

出身:石川県河北郡津幡町

身長:193cm

体重:175kg

所属部屋:二所ノ関部屋

得意技 突き、押し、右四つ、寄り

血液型:O型

ウィキペディアでは血液型はB型となっていますが、『相撲』ではO型になっています。

たぶん『相撲』の情報のほうが正しいのではないかと思います。

大の里の学歴のまとめ

大の里関は石川県の津幡小学校を卒業した後、新潟県の能生中学校、海洋高校へ進学しました。

その後日本体育大学に入り、学生横綱、アマチュア横綱となり、幕下10枚目格付出資格を得て二所ノ関部屋に入門しました。

▼関連記事▼

関連キーワード