朝紅龍の家族!父と母はどんな人で兄弟は先生?

高砂部屋の朝紅龍はムキムキの筋肉が目を引きますね。

そんなに大きくない体ですが、小兵としてこれからの活躍が期待できます。

朝紅龍の家族はどんな人なのでしょう。

両親と兄弟についてまとめました。

朝紅龍の両親

朝紅龍は1998年9月24日に大阪府四條畷市で生まれました。

家の3軒隣が寝屋川市で、寝屋川市出身の豪ノ山のことは小さい頃から知っていて、朝紅龍が言うには「ほぼ同郷」とのこと。

 

朝紅龍は出生時の体重は4,000g以上あったそうです。

朝紅龍によると「大きく生まれて、小さく育った。残念な感じ」と。

生まれた時に大きかったら、そのまま大きくなる人が多そうですが、朝紅龍の場合は逆だったんですね。

父の名前はさんで、母の名前は直美さんです。二人とも会社員をされています。

『相撲』の2023年9月号では両親とも55歳になっているので、朝紅龍は両親が30歳くらいの時の子供になります。

朝紅龍は子供の時はやんちゃで、怒られてばかりだったそうです。

やんちゃだったというのは今の朝紅龍を見ていたら何となく想像できるような気がしますが。

メガネの似合うイケメン力士に成長したなと感じます。

兄弟

朝紅龍は3人兄弟で、姉と弟がいます。

姉の名前は晴香(はるか)さんで、朝紅龍の3歳くらい上です。

晴香さんは会社員をされています。

弟の名前は涼馬(りょうま)さんで、朝紅龍の2歳下です。

涼馬さんは小学3年から相撲を始め、明徳義塾高校と日本体育大学に進学しました。

朝紅龍と同じ学校ですね。

2023年春からは涼馬さんは滋賀県の長浜養護学校の教員となりました。

平日は勤務後に市内の土俵で、週末は日体大や近隣大学で稽古に励んでいるそうです。

涼馬さんは2022年に全日本相撲選手権大会で個人戦3位に入賞し、2023年8月の全国教職員相撲選手権大会では個人優勝しています。

上の写真を見ると、涼馬さんも朝紅龍のように大きくないとわかります。

涼馬さんは相撲に取り組んでいながら、大相撲には入らなかったんですね。

朝紅龍が新十両に昇進した時、涼馬さんはすごく喜んでくれて「やっと上がったな」と言われたそう。

仲がいい兄弟のようです。

朝紅龍の家族まとめ

朝紅龍の両親は会社員をされています。

朝紅龍は3人兄弟の真ん中で、姉と弟がいます。

弟も子供の時から相撲に取り組んでいて、現在も教員をしながら相撲の大会に出場しています。

▼こちらの記事もどうぞ▼