阿武咲の出身高校などの学歴は?

阿武松部屋の阿武咲関は突き・押し相撲で活躍していますね。

出身中学や高校はどこなのでしょう。

阿武咲関の学歴をまとめました。

阿武咲の出身中学

阿武咲関は1996年7月4日、青森県北津軽郡中泊町に生まれました。

中泊町と言えば宝富士関の出身地でもあり、学年で言えば宝富士関が10歳上です。

阿武咲関は中泊町立中里小学校の6年生の時に、全日本小学生相撲優勝大会で優勝しました。

その後、中泊町立中里中学校に進学。

2年と3年の時に全国都道府県中学生相撲選手権大会の無差別級で、大会史上初の2連覇を達成しました。

また2年の時には第1回白鵬杯に出場し、青森チームで団体優勝もしています。

阿武咲関は小学生の時から実力を発揮していたのですね。

出身高校

阿武咲関は中学を卒業後は、青森県十和田市にある三本木農業高校に進学しました。

この高校は相撲どころ青森でも屈指の強豪校です。

中泊町から高校までは距離があるので、阿武咲関は実家から離れ、寮に入っていました。

1年生の時に全国高校相撲宇佐大会と国体相撲少年の部で優勝

相撲で自信をつけたため、高校は1年生の11月で退学し、阿武松部屋に入門しました。

そのため阿武咲関の学歴は高校中退となります。

ちなみに伊勢ケ浜部屋の錦富士関とは高校の同級生でした。

寮生活だった阿武咲関を、自宅通学だった錦富士関(十和田市出身)が家に泊めたこともあるそうです。

小さい頃から知っている仲だけに、お互い負けたくない気持ちがあるようですね。

 

阿武咲の学歴まとめ

青森県出身の阿武咲関は中泊町立中里小学校を卒業した後、中泊町立中里中学校と三本木農業高校に進学しました。

高校の時に相撲で優秀な成績を収めたため、大相撲でやっていけると自信がついたのでしょう。

阿武咲関は高校を1年生で中退し、阿武松部屋に入門しました。

▼関連記事▼