御嶽海の人気の理由!地元の応援や明るい性格のせい?

角界で屈指の人気力士である御嶽海関ですが、なぜそれほど人気が高いのか疑問に思う人もいるでしょう。

かけられる懸賞も多いですよね。

稽古嫌いともよく言われていますし、いわゆるイケメンとは違います。

私もずっと不思議に思っていました。

そこで御嶽海関の人気の理由を探ってみましたよ。

御嶽海関のその他の記事はこちら
御嶽海まとめ

御嶽海の人気の理由

長野県の応援がすごい

御嶽海関の人気は地元人気の高さが大きいでしょう。

テレビで御嶽海関のタオルを掲げた大応援団を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

長野に近い名古屋場所だけでなく、どの場所でも御嶽海関への声援は大きいですが、この応援団は長野県から毎場所観戦にかけつけているそうです。

時には小学校の修学旅行生が観戦に来ていることもあって、すごいなあと私はテレビを見ながら感心しているんですが (´・∀・`)

地元の力士を応援するのはごく普通のことですが、長野県民が特に御嶽海関への応援に力を入れるのには理由がありました。

長野は全都道府県の中で関取不在が最も長く、37年間も続いていたのです。

そこへ御嶽海関が地元の期待の星として誕生しました。

どれほど県民が喜んだかは想像にやさしいと思います。

長野県の人は昔から地元愛が強いため、大いに盛り上がったそうです。

また、2014年9月には御嶽山の噴火がありました。

犠牲者も多く出て、御嶽山に近い御嶽海関の地元・木曽の観光も打撃を受けたのです。

そんな時期に御嶽海関が登場し、木曽の人たちの夢と希望が託されたため、御嶽海関人気が大きくなったようです。

性格がいい?

この投稿をInstagramで見る

霧(@sumo_t_w)がシェアした投稿 -

御嶽海関の人気はもちろん、長野県内だけということではありません。

ここで御嶽海関の性格をいくつか挙げてみます。

自信家

御嶽海関は普段の話し方でもかなり自信家のような印象を受けます。

それもそのはず「自信がなければこの世界に入ってない」というのが口癖だそうですね。

大学生の時に個人タイトルを15冠達成し、4年生で学生横綱とアマチュア横綱となっていることがその自信の裏付けなのでしょう。

御嶽海関は入門から所要2場所で十両に昇進した後は、十両も2場所だけで通過し、初土俵からわずか8ヶ月で新入幕となっているのです。

これだけトントンと幕内に上がったらさらに自信がつくのは当然と言えるでしょう。

また、令和元年の5月場所の千秋楽で、前日にすでに優勝を決めていた平幕の朝乃山関に勝った時、御嶽海関は次のように発言しました。

力の差をみせつけてやりましたよ。だてに三役を2年張っているわけじゃない。その差はでかいんじゃないですか」

なかなかこんな風に言える力士も少ないんじゃないかと思うのですが、この発言を翌日の新聞で知った私は地元の朝乃山関ひいきのため、「なんて憎たらしい」と思ったのです。

しかし、この発言には続きがあることを知って、私は御嶽海関に抱いた不快な感情が薄れることになりました。

心優しい

この投稿をInstagramで見る

御嶽海関、故郷へ凱旋? 名古屋場所で初優勝した御嶽海関が故郷のファンの大歓迎をうけました。長野巡業でのひとこまです。①体は大きくても甘えん坊です。母親のマルガリータさんと。②2年後の東京五輪を見据えている白鵬関、五輪マークを背に土俵入り。③御嶽海関の母親のマルガリータさんは、実は白鵬関のファンでした。 #雑誌nhk大相撲中継 #nhk大相撲中継 #NHK大相撲#相撲専門誌#大相撲専門雑誌#白鵬#御嶽海#マルガリータさん#長野巡業#毎日新聞出版#毎日新聞出版社 #日本相撲協会#ベースボールマガジン社 #相撲ファン#シュプール#宮城野部屋#出羽海部屋#上松町

隔月誌「NHK大相撲中継」(@ozumochuke)がシェアした投稿 -

朝乃山関が優勝した場所の千秋楽にはトランプ大統領が観戦に訪れていたのですが、御嶽海関との取組直前に、トランプ氏入場のため約5分間動きが止まりました。

それについて御嶽海関は「途中(気持ちが)切れるかと思った。もうちょっとうまくやればいいのに。朝乃山がかわいそう。トランプさんを見に来てるのか、朝乃山の優勝を見に来てるのかわからない」と気遣っていたことがわかったのです。

これをネットニュースで知った私は、「この人は人を思いやれる人なんだ」と御嶽海関に対する悪い印象が変わったのです。

御嶽海関のご両親からも優しいところがわかりました。

父親によると、運動会で一番に走り終えた後、困っている障害のある子がいると戻って一緒に手をつないで走ったそうです。

ケンカも自分より強い相手とだけしたそうですよ。

正義感が強く、弱い人を守ろうとするところがあるんですね。

優しい性格は母親譲りのようで、母親からは怒られたことがないそうです。

そのような母親の愛情をたっぷり受けて育ったので、心優しい子になったのでしょう。

また、御嶽海関は大相撲入門前に和歌山県庁に内定していたのですが、和歌山に住むことになったら、両親を和歌山に呼んで一緒に暮らすと言っていたそうです。

両親に寂しい思いをさせたくなかったからなのでしょう。親孝行なんですね。

御嶽海関の相撲を見ていると、土俵際で相手を負かしても、相手が落ちないように抱きとめるところがありますが、それは相手が落ちてケガしないようという気遣いなのでしょう。

「力の差をみせつけてやりました」発言の後、土俵上のそんな御嶽海関を初めて見た私は「へ~え、こんな気遣いもできる人なんだ」と好感を持ちました。

負けず嫌い

御嶽海関が相撲を始めるきっかけになったのは、負けず嫌いの性格にありました。

小学1年生の時に木曽町で開かれた相撲大会に出場した際に、初めて相撲に挑戦したのですが、自分より体の小さな相手に負けてしまったのです。

それが悔しかったのでしょう。地元の少年相撲クラブに入り相撲に取り組むことになったのです。

負けず嫌いだからこそ、大学でも良い成績を収められ、大相撲に入門してからも上に上がってこられたのでしょう。

御嶽海関はまた、明るいことでも知られていますね。

以上、性格をいくつか見てきましたが、明るく心優しいところが人気の一因かもしれません。

相撲が魅力的?

御嶽海関は押し相撲が得意ですが、四つに組んでも強さを発揮します。

三役に上がったのも早く、今後の活躍が期待されるため、相撲好きな人が多く支持しているのでしょう。

相撲の経歴

入門前

御嶽海関は小学校1年の時に相撲を始め、5年生の時に全日本小学生相撲優勝大会で2位になります。

木曽町立福島中学校に進学すると、3年生の時に全国大会ベスト8となりました。

その後進学した木曽青峰高校では国体少年の部で3位となります。

そして東洋大学法学部企業法学科に進学すると、個人タイトル15冠を獲得しました。

4年生の時には学生横綱とアマチュア横綱となり、幕下10枚目格付出の資格を得ました。

入門後

この投稿をInstagramで見る

Takuya Fujita(@takuyamirukukoko)がシェアした投稿 -

御嶽海関は和歌山県庁への就職が内定していましたが、出羽海親方から低迷する部屋の復興に力を貸して欲しいと説得され、2015年2月に出羽海部屋へ入門しました。

一人っ子ということもあり、両親には反対されたそうですが、すでに活躍していた遠藤関のことが刺激になり、入門する気になったようです。

四股名の由来は地元上松町から望める御嶽山と出羽海部屋の「海」から来ています。

長野県には海がないので、自分が海になろうという気持ちもあったそうですよ。

2015年3月場所で初土俵を踏むと、7月場所で新十両に昇進。11月場所では新入幕となります。

2016年5月場所で初めて敢闘賞を受賞すると、11月場所では新三役の小結に昇進しました。

これで長野県出身力士としては84年ぶりに新三役となったのです。

2017年1月場所では初めての金星を2つ獲得し、初の技能賞も獲得しました。

同年7月場所で関脇に昇進。

2018年7月場所には関脇の地位で初優勝を決めました。長野県出身力士としては初めての優勝です。

そして2019年9月場所で2度目の優勝を果たします。

11月場所で大関昇進をかけましたが負け越したため、17場所連続で務めた三役からも陥落することになりました。

まとめ

御嶽海関の人気の理由を見てきました。

地元からの圧倒的な応援が人気を支えている部分が大きいようです。

そして強い相撲が好角家の支持を得て、明るくやさしい性格も人気の理由のようですね。