恋人

一山本は脱サラして力士になったという異色の経歴の持ち主です。

イケメンとしてスー女の心をつかんでいるようですが、結婚はしているのでしょうか。

また「一山本」という「一」が余計にも見える(私だけ?)四股名の由来も気になるところです。

顔立ちからハーフという噂もあるようなので、両親など一山本について色々調べてみました。

一山本の彼女・結婚

一山本はまだ独身で結婚していないようです。

イケメンとして女性にはモテそうですが、彼女の情報はありませんでした。

しかしこんな写真を発見!

豊山が恋人?腕を組まれた豊山のうれしそうな顔ったら。

残念ながら豊山はこの写真が撮られる直前の2019年7月26日に、一般女性と入籍しています。

2020年10月には子供も生まれているので、一山本とは普通に仲の良い相撲仲間のようですね。

四股名の由来

2019年8月に行われた地方巡業で、私は「一山本」という四股名の力士を初めて知りました。

なぜ「山本」ではなく「一山本」?「一」はいるの?と疑問に思ったんですが、この時まだ十両に上がったばかりだったので、気になるけど調べることもしなかったんですよね。

でもそれから約2年たって幕内に上がってきて、あの時の一山本かと。そこで四股名の由来を調べてみました。

本名は山本大生(やまもとだいき)さんです。山本という姓なのは大体想像つきますね。

問題の「一」は山本さんを大相撲に勧誘した元力士が、9画が縁起がいいということから、8画の「山本」に「一」を付けて「一山本」と命名したそうです。

なるほどそうだったのか。

候補には「乙山本」もあったそうですが、それだと呼びにくそう。見た目からも「一山本」のほうでよかったような気がします。

でもどうして9画が縁起がいいのか、その理由はわかりませんでした。

命名した元力士は亡くなられたそうで、一山本は四股名を変えないで頑張っていくらしいです。

変えたとしても、間違っても「山本山」にはならないでしょうね。と思って気になって調べたら過去にいたんですね。山本山という力士が!

本名が山本龍一さんで、2009年に入幕、最高位が西前頭9枚目、2011年で引退されていました。

このころ私は大相撲を見てなかったので、山本山の存在を知らなかったのです。

思い切った四股名にしたもんだと思いますね。どうしても海苔が思い浮かぶので。

ところで一山本以外に関取では9画の人は見当たりません。だから9画は縁起がいいのかどうか、これからの活躍に注目です。

両親と兄弟

一山本は顔立ちがハーフっぽいと思っている人もいるみたいですが、純日本人のようです。

父親の名前は勇一さんで、母親は恵美子さんです。こちらに写真が写っています。

母親似なのかな。

一山本は3人兄弟の末っ子で、4歳上の兄が1人いることはわかっていますが、もう1人は兄なのか姉なのかはわかりませんでした。

今後わかり次第追記します。

脱サラで入門

普通、大相撲は高校や大学を卒業後すぐ入門する人がほとんどだと思いますが、一山本はちょっと違います。

大野農業高校と中央大学を卒業後に地元北海道に帰り、福島町役場で事務仕事をしていました。

学生時代に目立った実績がなかったため、大相撲入りは考えなかったようです。

役場の仕事をこなしながら、相撲の普及のために週に2日、小中学生を相手に相撲のコーチをしていました。

大相撲への熱意が再び起きたきっかけが、2016年10月に行われたいわて国体でした。

成年男子個人の部でベスト16に終わったことが悔しかったのです。この時一山本は23歳。

新弟子検査は23歳未満でなければ受けられなかったのですが、運よく国体の前月の9月に新弟子検査の年齢制限緩和が決まっていました。

相撲など各競技で実績があれば、25歳未満まで受検できることになったのです。

一山本はこれをチャンスだと思い、役場の仕事をやめ、二所ノ関部屋へ入門しました。

1年弱の公務員の仕事を経て、大相撲入りとはなんとも珍しいですよね。

安定した公務員をやめることに母親は猛反対しましたが、兄が説得してくれたそうです。

入門したとしても関取になれるかわからない厳しい世界なので、母親も反対したくなるでしょう。

一山本はどうしてももう一度相撲で頑張りたかったんですね。

阿炎にそっくり!?

幕内に上がった一山本の取り組みを何度か見ていると、私は阿炎に似ているなと思いました。

立ち合いの時の体の形といい、もろ手突きで行くところといい、手足が長いところもよく似ています。阿炎より体が細くなった感じ。

遠目で見ると、阿炎そのものかと思うくらいです。顔もよく見ると似ているじゃありませんか。

2人で写っている写真がありました。右矢印をクリックしたら2人がいます。

この投稿をInstagramで見る

??なーーーん??(@na___n.chan)がシェアした投稿

まあ、似ていますよね。

北の富士さんもラジオで、一山本の相撲が阿炎の相撲と似ているとおっしゃっていたそうです。

ああ、よかった。北の富士さんも同じことを思っていたんだ。私の目に狂いはなかったみたい(笑)。

他にも2人が似ていると思っている人がいました。

2人の対戦が楽しみですね。

プロフィール

四股名:一山本大生(だいき)

本名:山本大生

生年月日:1993年10月1日

出身:北海道岩内郡岩内町

身長:187cm

体重:133.5kg

所属部屋:二所ノ関部屋

得意技:突き・押し

血液型:B型

趣味:睡眠

二所ノ関部屋は元大関若嶋津が師匠を務める部屋です。

若嶋津と言えば元アイドルの高田みづえさんと結婚したことで話題になりました。当時子供だった私は意外な組み合わせに驚いたものです。

一山本以外に、松鳳山などが所属しています。

この投稿をInstagramで見る

松鳳山裕也(@shohozanyuya)がシェアした投稿

デートするほど仲がいいみたいですね(笑)。

一山本はエゴサーチするらしく、勝つたびにSNS上で二山本、三山本と数が増えていくことも知っているそうです。

他人の評価が気になる人のようですね。

まとめ

一山本の結婚や四股名の由来、家族などについてまとめました。

大卒でいったん公務員になったものの、国体で負けたことが原動力になって脱サラし、大相撲の世界に飛び込んだんですね。

親の反対を押し切って入門しているんだから、相当な覚悟をもっていたのでしょう。

そのため結婚はまだ考えられないのではないでしょうか。女性はいっぱい近づいてきそうですが。

これからどれだけ番付を上げるか楽しみですね。

▼関連記事▼
二所ノ関親方(若嶋津)の現在やおかみ、娘と息子まとめ