平戸海の出身高校、中学、小学校のまとめ!

平戸海関はきっぷのいい相撲が魅力的ですね。

これからも強くなることが期待できる力士です。

そんな平戸海関の出身小学校や中学校、高校はどこなのでしょうか。

平戸海関の出身学校についてまとめました。

平戸海の出身小学校

平戸海関は2000年4月20日、長崎県平戸市に生まれました。

そして平戸市立紐差(ひもさし)小学校に入学し、1年生の時に地元の紐差相撲クラブで相撲を始めました。

このころから同学年の子供たちに比べ、体が大きかったそうです。

平戸海関は4年生から6年生の時に、わんぱく相撲全国大会に3年連続で出場しました。

大きな体を活かし、県大会・九州大会では好成績を残しましたが、4、5年の時には同じ相手に連敗しよく泣いていたそうです。

負けず嫌いな性格なのでしょう。

平戸海関はまた、小学校時代、野球とバレーボールにも取り組んでいました。

スポーツ好きな少年だったんですね。

平戸海関は小学校の卒業時点ですでに、関取になりたいという夢を持っていました。

相撲には特に熱中していましたが、真面目で勉強もしたけど、テストの点数は悪かったそうです。

出身中学校

平戸海関は小学校を卒業後、平戸市立中部中学校に入学しました。

中学校でも相撲の稽古に励み、3年の時に全国中学校相撲選手権大会で5位に入賞しました。

平戸海関を入門まで指導していた元力士の坂尾さんによると、平戸海関は小学生の時から体力面では普通の子よりずば抜けていたそうです。

そして性格はおとなしめで、優しくみんなに慕われていたそう。

平戸海関は4人兄弟の長男なので、しっかりした子に育ったのかなという気がします。

 

出身高校

平戸海関は中学を卒業後、境川部屋に入門したので、中卒になります。

入門を意識したのは中学2年くらいからで、 勉強ができないから行くしかないと思ったようです。

平戸海関は中学2、3年の時に全国大会があって、境川部屋に泊まらせてもらっていました。

他の部屋からも誘いがあったけれど、境川部屋が一番関取が多いという理由で、境川部屋に入門しました。

当時は部屋に大関だった豪栄道もいたので、平戸海関はよく胸を借りていたそうです。

平戸海の出身高校、中学、小学校のまとめ

平戸海関は平戸市立紐差小学校で相撲を始めました。

その後進学した平戸市立中部中学校でも相撲を続けました。

中学を卒業後は高校へは進学しないで、境川部屋に入門し、2016年3月場所で初土俵を踏みました。

▼関連記事▼