力士

常盤山部屋は千賀ノ浦部屋から改名しました。

現在貴景勝関や隆の勝関などが所属していますが、師匠である親方やおかみさんはどのような人なのでしょう。また2人に子供はいるのでしょうか。

親方の現役時代や人柄などをまとめました。

常盤山親方(隆三杉)の現役時代

現在の常盤山部屋の師匠は常盤山太一(ときわやまたいち)さん。本名は金尾隆(かなおたかし)さんです。

現役時代の四股名は隆三杉太一(たかみすぎたかかつ)さんでした。

1961年3月1日生まれで、神奈川県川崎市出身です。

入門前から引退まで簡単にご紹介しますね。

中学卒業前、初代若乃花の二子山部屋にいたおじの知人の力士に誘われて部屋を訪ねたのがきっかけで、二子山部屋に入門することになりました。

ちなみに初代若乃花は2018年に相撲協会を退職した元貴乃花親方のおじに当たります。

15歳の時に1976年3月場所で初土俵。

1979年5月場所で幕下に昇進し、1981年1月場所で新十両、その年7月場所で新入幕を果たします。

その後何度か十両と幕内を行ったり来たりしますが、1987年7月場所以降は幕内に定着し、1991年1月場所で初の三役である小結に昇進しました。

三役は新入幕の場所から実に10年かかり、史上1番遅い出世だったのです。

しかし次の場所には平幕に落ち、1993年1月場所でもう1度小結に復帰しますが、1995年11月場所で十両陥落を機に引退するまで長く平幕のままでした。

得意技は突っ張りと押しで、獲得した金星は1個でした。

現役の時の写真がありましたよ。

上の段の写真では左から2番目ですね。楽しそう(*´∀`*)

引退後

隆三杉は1995年11月場所で引退し年寄・藤島を襲名します。

その後音羽山、そして常盤山を襲名し、貴乃花部屋の部屋付き親方として後進の指導に当たりました。

2016年4月、19代千賀ノ浦(元関脇舛田山)が定年となる時、千賀ノ浦部屋の引き継ぎを依頼され継承することになります。

2018年10月に貴乃花親方が退職することになった時には、貴乃花部屋の力士たちを受け入れました。

貴乃花親方は千賀ノ浦親方のことは昔からよく知っていて信頼できるため、弟子を千賀ノ浦部屋に託したのでしょう。

すると翌月の11月場所で貴乃花部屋から移籍したばかりの貴景勝関がいきなり優勝します。

しかし12月に貴ノ岩の付け人への暴行事件が発覚し、貴ノ岩は引退に追い込まれたのです。親方はけん責処分を受けました。

弟子が優勝したと喜んだのもつかの間、別の弟子が暴行で引退とは親方にとってまさに天国と地獄だったのではないでしょうか。

その後も2019年9月に貴ノ富士(元・貴公俊)が付け人への暴行事件を起こして引退しています。

ほんの1年の間に移籍してきた弟子が2人も暴行で引退となったため、親方は「かわいそう」という声もあったようです。

2020年11月には千賀ノ浦から再び常盤山へ名跡を変更し17代常盤山となり、千賀ノ浦部屋は常盤山部屋に改名となりました。

親方の人柄

親方は貴乃花部屋の力士たちを受け入れる時、「どの子も我が子」と毛筆でしたためています。

これはおかみさんから今の気持ちを書いてみるように勧められてのことでした。

いきなり他の部屋の弟子をすべて引き受けるのは戸惑いもあったと思いますが、分け隔てなく接しようという心の広さが感じられますね。

もっとも親方は貴乃花部屋で指導に当たっていたことがあるので、知っている力士たちばかりですんなり受け入れられたということもあるかもしれません。

親方は丸い顔そのままに性格も丸く、おっとりとしているそうです。その風貌から現役時代のあだ名はドラえもんでした。

私は彼が幕内にいた時は、好きだった横綱千代の富士が活躍していた時なのでテレビで大相撲を見ていたのですが、あまり印象は残っていません。

隆三杉という四股名と顔は覚えていましたが、どんな相撲をとっていたのか全然思い出せないのです。

ドラえもんというあだ名がついていたことも知りませんでした。千代の富士にしか興味がなかったんですね。

本人はドラえもんの呼び名を気に入っていたのでしょうか。親方となった今そのTシャツを着ている写真がありました!

親方くらいの年でドラえもんのTシャツを着る人はあまりいなさそうですし、実際私は見たことはありませんが、親方は着慣れている感じがしますね。

このような漫画のTシャツを着るところに親しみやすさが感じられます。

おかみさんが言うには親方は「優しくて善意の塊のような人」だそうです。怒ることもほとんどないのではないでしょうか。

間違っても稽古で弟子を竹刀で叩いたりはしないでしょうし、罵声を浴びせることもないでしょう。

親からしたら安心して子供を部屋に任せられるのではないかと思います。

歌がプロ級でレコードも発売

親方は歌が非常にうまく、過去に『さいはての駅/夢路の女よ』というレコードも出しています。

部屋の千秋楽パーティーでしょうか。歌っている動画がありました。

私は初めて聞きましたがうまくてびっくりしましたよ (★´゚□゚)

五木ひろしさんのファンだそうで、お会いしたこともあるようです。

親方(隆三杉)が序二段だった当時、横綱の輪島に「十両になったら五木ひろしに会わせてやる」と言われ、新十両に上がった時に本当に会わせてくれたそうです。

好きな人に出会えてうれしかったでしょうね。五木さんを呼べる輪島さんもすごいですが。

おかみさんの人柄

常盤山部屋のおかみさんの名前は留美子さんです。こちらに写っています。

穏やかそうな感じの人ですね。

留美子さんは元FMラジオのアナウンサーでした。

年齢や出身は不明で、親方といつ結婚したのかもわかりませんでした。

後援者や友人の紹介などで出会ったのでしょうか。多分恋愛結婚だったのでしょうね。

常盤山部屋のツイッターを見ると、おかみさんは力士の誕生日にはポチ袋に一言書いて渡しています。

こんな心遣いはうれしいでしょうね。

そして引退する力士には次のような手紙を書いています。

普通はねぎらいなどの言葉をかけるだけだと思いますが、わざわざ手紙を書くという手間をかけるのは力士一人ひとりのことを大切にしているからではないでしょうか。

親方の名前で次のようなツイートがありました。

このようなところからおかみさんの人柄が伺えるようですね。

ラジオのアナウンサーをしていただけあって、滑舌は非常にいいのでしょう。

また言葉づかいもきれいでしょうから、手紙を書くのは得意なのかもしれませんね。

子供はいる?

常盤山親方とおかみさんとの間に子供がいるのかは不明でした。

いるとすればもう成人していると思われます。

もし男の子がいて相撲界に入っていれば話題になっているはずなので、相撲とは関係のない職業なのでしょう。

親方にとって弟子も自分の子同然でしょうから、勝ち越したり昇進すると自分のことのようにうれしいと思います。

いつも大勢の弟子に囲まれているので賑やかなのでしょうね。

まとめ

常盤山部屋の親方とおかみさん、子供についてまとめました。

親方もおかみさんも優しい人柄のようです。

親方が貴乃花部屋の力士を受け入れた時はいろいろと大変だったでしょうね。

でもおかみさんと一緒に乗り越えてきたのでしょう。

子供については一切情報がないのでわかりませんでしたが、もしいるなら2人の子供なので優しい大人に成長しているのではないでしょうか。

▼こちらの記事もどうぞ▼
隆の勝はなぜおにぎり君?彼女や兄弟、出身中学について