琴奨菊(秀ノ山親方)の嫁の学歴や子供の数は?過去に婚約破棄も!

秀ノ山親方となった元大関琴奨菊はがぶり寄りを得意技とする人気力士でした。

琴奨菊は現役中に結婚しましたが、現在のお嫁さんと付き合う前に婚約していた女性がいて、婚約を破棄しているのです。

婚約破棄の理由と結婚したお嫁さんの学歴、子供の数、引退理由などをまとめました。

琴奨菊の婚約破棄

2012年10月、琴奨菊は1歳上で佐賀県在住の会社員福地真紀子さん(29歳)との婚約を発表しました。

二人は知人の紹介で知り合い、琴奨菊が福地さんに一目惚れして、3年間遠距離恋愛を続けていたのです。

しかし琴奨菊は2013年2月に婚約の解消を発表し、4月に予定していた挙式も中止しました。

突然の婚約破棄にファンも関係者も驚いたことでしょう。

琴奨菊によると「婚約の発表後から人生観のずれが大きくなった」ことが婚約を解消した理由だそうです。

関係者によると琴奨菊が将来部屋を持った時に、福地さんがおかみさんになることに不安を覚えたのではないかとも言われています。

おかみさんは大変でしょうから、不安になる気持ちもわかります。力士にとってはおかみさんは親代わりなので、生半可な気持ちでは務まらないでしょう。

一方、挙式を2ヵ月後に控えながら婚約を破棄したことで、ネット上では琴奨菊が創価学会員であることが原因とも噂されました。

宗教が原因で不仲になる可能性はあるでしょうが、琴奨菊が本当に創価学会員なのかは不明です。ただの憶測だった可能性もあります。

過去に人気力士が婚約して破局になった例では、貴乃花と宮沢りえさんが思い出されます。

二人が婚約を発表した時には驚きましたが、婚約を解消した時には私はもっと驚いたものです。

結婚した嫁の学歴

2015年2月、琴奨菊は3歳下で元会社員の石田祐未さん(28歳)との婚約を発表しました。

二人は知人の紹介で知り合い、約1年半交際していました。

祐未さんはスウェーデン生まれで学習院大学卒という高学歴の女性。

海外に留学経験があり、英語、スウェーデン語、ロシア語、フランス語に堪能で、学習院大学卒業後は、エルメスジャポンに就職していたという経歴の持ち主です。

そんな祐未さんと琴奨菊を結びつけたのは相撲でした。

祐未さんは相撲好きで、学生の時に国技館で外国人客を案内するアルバイトをしていたのです。

祐未さんの父の出身地は福岡県柳川市なのですが、国技館の放送で琴奨菊の出身地も柳川市と知った祐未さんは「琴奨菊と結婚する」とピンときたようです。

そこで祐未さんのほうから積極的に琴奨菊を食事に誘うなどして、交際が始まりました。

祐未さんは2014年の末にエルメスを退社し、琴奨菊と2015年7月に結婚。2016年2月にホテルニューオータニ東京で挙式披露宴が行われました。

きれいなお嫁さんですね。

祐未さんは琴奨菊のために入籍後にフードマイスターの資格を取得し、着付け教室にも通ったそうです。

また、消化の良い料理を作るため、油を使用せずに揚げ物が作れるオーブンレンジも購入したとされます。

力士の妻として懸命に支えようという祐未さんの頑張りが感じられますね。琴奨菊は良いお嫁さんをもらったようです。

子供の数

2017年4月7日、琴奨菊と祐未さんの間に第一子となる長男が誕生しました。

名前は「弘人」(ひろと)君で、琴奨菊の本名「一弘」から一字を取りました。

4月と言えば巡業がある月ですが、7日は巡業の中休みだったため、琴奨菊は長男の誕生当日に対面でき、「巡業の中休みに生まれてくるなんて親孝行だ」と思ったそうです。

弘人君は相撲が大好きで、琴奨菊が稽古の指導をしているみたいですね。

弘人君が四股を踏んでいる動画がありました。

弘人君は将来力士になる可能性もありますね。琴奨菊が相撲を教えているくらいだから、息子に期待しているのかもしれません。

そして2020年11月には、2021年2月に第二子となる次男が誕生予定と報じられました。

しかしその後子供が誕生したという発表はありません。無事に生まれていたら、琴奨菊には子供が二人ということになります。

琴奨菊プロフィール

四股名:琴奨菊和弘

本名:菊次一弘(きくつぎかずひろ)

生年月日:1984年1月30日

血液型:O型

所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋

断髪式はいつ?

琴奨菊は2020年11月場所で引退しました。

通常なら1年以内に断髪式と引退相撲が行われますが、多くの引退力士の断髪式がコロナ禍で延期されました。

琴奨菊の断髪式は2022年10月1日に予定されています。

引退から約2年も待たされることになるんですね。マゲを切った後の髪型はどうなるのでしょう。

同じ佐渡ヶ嶽部屋の琴勇輝は断髪式後に坊主となり世間を驚かせましたが、琴奨菊はそこまで極端なことはしないでしょうね。

引退理由と現在

琴奨菊は明徳義塾中学校から明徳義塾高校に進学し、卒業後は佐渡ヶ嶽部屋へ入門しました。

2002年1月場所で初土俵を踏み、2005年1月場所で新入幕。

2007年3月場所で関脇に昇進。

2011年11月場所で大関に昇進。

2016年1月場所で初優勝を果たしました。

カド番で迎えた2017年1月場所で負け越して、大関から陥落。

2020年11月場所で十両に陥落し、場所中に引退を発表しました。

左ふくらはぎの状態が悪化し、自分の相撲を取れなくなったことが引退の理由でした。

長男と一緒にお風呂に入った時に、鼻血を流した琴奨菊を見て「血が出ているし、もうやめていいよ」と長男に言われたことが引退の決断を後押ししたそうです。

琴奨菊は現役中に殊勲賞3回、技能賞4回、金星3個獲得しました。

引退後は年寄「秀ノ山」を襲名し、現在は佐渡ヶ嶽部屋で指導に当たっています。

琴奨菊(秀ノ山親方)の嫁と子供、婚約破棄のまとめ

秀ノ山親方となった元大関琴奨菊は一目惚れした福地真紀子さんとの婚約を破棄し、その後相撲ファンの石田祐未さんと結婚しました。

祐未さんは学習院大学卒の才女で、結婚後は琴奨菊を献身的に支えているようです。

二人の間には男の子が二人いるようですね。

琴奨菊は最初の婚約者とはうまくいきませんでしたが、祐未さんとは幸せな家庭生活を築いているのでしょう。

今後は元大関としての指導力が期待できそうです。