九重親方(千代大海)の嫁と子供は?ヤンキーの中学時代から現在!

元千代大海の九重親方は現役時代、得意の突き・押しで大関にまでなりましたね。

現在は九重部屋の師匠として、弟子の指導に当たっています。

親方が結婚したお嫁さんは、今おかみさんとして奮闘しているようですが、どのような人なのでしょう。

そして子供はいるのでしょうか。

親方がヤンキーだった中学時代から現在までまとめました。

九重親方の嫁

九重親方は現役を引退後の2012年6月1日、会社員の恵理子さんと結婚しました。

この時親方は36歳、恵理子さんは35歳でした。二人は友人の紹介で知り合ったそうです。

実はこの日は師匠の千代の富士の誕生日だったのです。師匠を敬愛していたからこそ、この日を選んだのでしょう。

結婚を決めたのは「野性の勘」だったそうです(笑)。結婚するならこの女性だとビビッときたのでしょうか。

そして入籍の1年後に都内で披露宴を行いました。招待客は約650人もいたそうです。さすが元大関だけあって、関係者が多かったんですね。

7億円のティアラだなんて、現役中にどれだけ稼いでいたのでしょう。すごいですね。それとも借り物なのかな?

また、恵理子さんは料理上手で、2016年には『大相撲の親方夫人が作る愛情弁当』という料理本も出版しています。

恵理子さんは「アスリートフードマイスター」の資格を持っていて、親方の体重管理、体調管理に役立てているそうです。

東京場所の時は15日間、愛妻弁当を作っているそうですよ。親方も楽しみにしているのではないでしょうか。

子供は?

二人の間に子供はいないようです。

やんちゃだった若い頃は、母親に「クソばばあ!」などと言っていたのが、入門した後は「長生きしてオレの孫の顔を見るまで死ぬなよ」と言っていたそうなので、子供を作る気はあったのでしょう。

奥さんの年齢を考えると、今後も夫婦二人だけの可能性が高そうです。だからこそいつまでも仲良くできるのかもしれませんね。

でも恐妻家の一面もあるようで、妻から携帯に電話がかかってきた時には、他人行儀に「すいません」などと言っているそうです(笑)。想像するとかわいくなりますね。

中学時代はヤンキー

九重親方は中学時代、ヤンキーだったのは有名です。

10人以上の高校生相手に、1人で喧嘩して勝ったという話もあれば、やくざ数人と喧嘩して、気に入られ、やくざにスカウトされたという話もあります。

まだ中学生の時にですよ。どれだけ強かったのかと思いますよね。

また、九州でも1、2を争う勢力の暴走族を率いたりして、悪名高かったようです。

さらに中学卒業後にとび職についていた時には、一人暮らしのアパートで仲間数人とシンナーを吸っていたこともありました。

これは母親に見つかって、家に連れて帰られたそうですが。

その後、九重部屋に入門しようと千代の富士に会いに行った時には、剃りを入れた金髪姿だったのです。

これには千代の富士も「頭を何とかしてこい」と一喝しています。もう筋金入りの不良少年だったんですね。

しかし小学4年生から柔道を習って、中学校でも柔道部に入っていたため、礼儀は身についており、先生の言うことには素直で、弱い者いじめもしなかったそうです。

不良でもそこは意外にちゃんとしていたんですね。

母の芝居で大相撲入り

九重親方は運動神経がよく、中学生の時に市内の相撲大会に出場して優勝しており、大相撲からもいくつか誘いがありました。

しかし相撲は格好悪いという理由で誘いは断り、中学卒業後は幅広ズボンと派手なシャツの格好にあこがれてとびになったのです。

そこでは思うような仕事ができなかったため、さぼるようになり、見かねた母親の美恵さんが芝居を打つことにしました。

「そんなふらふら職にもつかず、なんのために、おまえを育てたのか。かあさん、もう死ぬけん。」と、息子に言ったのです。

するとそれから10日ほどして、「千代の富士に電話をしてくれ」と母親に言って、会いに行くことになりました。

母に死をほのめかされ、ようやく目が覚めたのでしょう。親孝行をするために大相撲に入ることを決めたのです。

そして引退後の断髪式には、母にはさみを入れてもらっています。

土俵上は女人禁制なので、断髪式の途中で土俵を降り、土俵下ではさみを入れてもらったんです。

入門のきっかけをつくってくれた母に、何が何でもはさみを入れてほしかったそうですよ。最後にも親孝行をしたんですね。

プロフィール

四股名:千代大海龍二

本名:須藤龍二

生年月日:1976年4月29日

出身:大分県大分市

所属部屋:九重部屋

経歴

元千代大海の九重親方は子供の時から巨漢で、ついたあだ名が「ブッチャー」。元プロレスラーだった人の名前ですね。

九重部屋に入門し、1992年11月場所で初土俵を踏みます。

1995年7月場所で新十両に昇進。

1997年9月場所で新入幕。

1998年5月場所で新小結に昇進。翌7月場所で新関脇に昇進。

1999年1月場所で幕内初優勝を果たします。

1999年3月場所で大関に昇進。

その後幕内優勝を2回しますが、ケガや糖尿病でカド番が多くなり、2009年11月場所では、史上最多を更新する14度目の角番となります。

その場所で負け越し、2010年1月場所で関脇に陥落。4日目で現役引退を表明しました。

引退後は年寄「佐ノ山」を襲名。

2016年7月に、師匠の13代九重(元・千代の富士)が死去したことにより、14代九重を襲名し、九重部屋を継承しました。

そして相撲協会では委員として、審判部・指導普及部の仕事を行っています。

現役時代は武双山との激しい突っ張り合いがよくありましたが、仲が悪かったわけではないようです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

>>武双山(藤島親方)は今も独身?スキンヘッドの理由や伝説、現在まとめ

まとめ

中学時代ヤンキーだった元千代大海の九重親方のお嫁さんや、子供についてまとめました。

若い頃は相当悪かったみたいですが、母のために大相撲に入って、大関にまで上り詰めたんですね。

親方は弟子思いで、部屋での評判もいいそうです。

私の地元からも九重部屋に入門している力士がいるので、そういうのを聞くと安心しますし、親方にしっかり指導して強くしてもらいたいと願っています。