白鵬の嫁の出身地や学歴は?神田うのとの関係も!

現在宮城野親方となっている白鵬は、結婚したお嫁さんが美人だと評判です。

二人の馴れ初めはどのようなものなのでしょう。

お嫁さんの出身地や学歴、神田うのさんとの関係も調べました。

白鵬と嫁との馴れ初め

白鵬は2007年2月に、徳島県徳島市出身で1歳上の和田紗代子さんと結婚しました。

二人の出会いは白鵬が十両に昇進した2004年で、白鵬が18歳の時でした。

白鵬は朝青龍が開いたパーティーに招待されて、白鵬の隣に座ったのが紗代子さんだったのです。

そこで白鵬が紗代子さんに一目惚れ。なんと白鵬の初恋だったそうです。18歳まで恋をしたことがなかったとは意外ですね、

一緒に招待されていた日馬富士が白鵬の気持ちに気が付いて、日馬富士が白鵬の携帯で紗代子さんとの写真を撮りました。

日馬富士は白鵬とは11歳くらいからの付き合いで仲がよかったため、白鵬のことはよくわかっていたのでしょう。

日馬富士が紗代子さんに「写真欲しいですか」と聞いたところ、「欲しいです」と答えたので、白鵬と紗代子さんはメールアドレスを交換し、交際に至りました。

白鵬がケガした時には紗代子さんが支えてくれ、そんなところも結婚の決め手になったようです。

白鵬は大関になったら結婚すると言って、2006年5月場所で大関に昇進後、21歳で結婚することになりました。

挙式は2010年2月21日に明治神宮で行われました。

2007年2月の結婚から期間が空いたのは、横綱昇進や紗代子さんの育児が重なったため、結婚式を延期していたからです。

そして6日後の2月27日には、徳島県鳴門市の大塚国際美術館でも結婚式が行われました。

紗代子さんが徳島県出身で、結婚前にも二人で何度かデートに訪れたのが縁で同美術館を式場に選んだそうです。

地元でも結婚式を挙げられるなんて、紗代子さんも幸せだったでしょう。

今でも結婚記念日を祝うなど、夫婦仲がいいようです。

白鵬は2022年7月に13代宮城野を襲名し、宮城野部屋を継承して師匠になりました。

それに伴って、紗代子さんは宮城野部屋のおかみさんになったわけですね。

嫁の出身地と学歴

先にも触れましたが、白鵬のお嫁さんの紗代子さんは徳島市出身です。

紗代子さんはローラースケートの元フィギュア選手で、小中学校時代に徳島市にある「コンドークラブ」のエースとして活躍しました。

中学3年の時にはパシフィック国際選手権の規定演技で、日本人として過去最高(当時)の銀メダルを獲得しています。

日本人初の銀メダルとはすごいですよね。

紗代子さんは中学を卒業後、私立の徳島文理高校に進学しました。偏差値68の進学校です。

その後、学習院大学に進学しました。皇族が多く通っている学校で有名ですね。

紗代子さんはスポーツができるだけでなく、勉強もできる人のようです。

21歳の時にはプロレス団体の「ビッグマウス・ラウド」の元マスコットガールを務めていました。

これは紗代子さんの父がその団体の最高顧問を務めていた関係から、マスコットガールに選ばれたようですね。

嫁と神田うのとの関係

紗代子さんと神田うのさんはお茶の稽古仲間のようです。

裏千家の櫻井宗幸さんが指導しているお茶の稽古で二人は知り合ったみたいですね。

稽古仲間たちが櫻姫会(おうひかい)と名付けた会で、誕生日会を開いたり、ランチ会を開いたりもしています。

うのさんのインスタに紗代子さんが写っていました。

女優のとよた真帆さんや元アナウンサーの松本志のぶさんら有名人も参加しているそうなので、さぞきらびやかなのでしょう。

紗代子さんは和服の似合う女性ですが、お茶を習っているのは雰囲気通りという感じですね。

白鵬の嫁の出身地、学歴、神田うのとの関係のまとめ

白鵬は18歳の時に1歳上の和田紗代子さんに一目惚れして、3年後に結婚しました。

紗代子さんは小中学校時代、ローラースケートの元フィギュア選手として活躍し、徳島文理高校と学習院大学を卒業した経歴を持っています。

美人なだけでなく、文武両道の女性だったんですね。

神田うのさんとはお茶の稽古で知り合ったようで、二人は親しくしているみたいですね。

紗代子さんの存在があったから白鵬は大関、横綱へと昇進できたのでしょう。

愛の力は偉大ですね(´∀`*)エヘ

▼関連記事▼