阿武剋の学歴は?出身高校・大学まとめ!

阿武剋関は初土俵から4場所目で十両に昇進しました。

今後の活躍が期待できますが、阿武剋関の学歴はどのようなものなのでしょう。

出身高校や大学をまとめました。

阿武剋の学歴

阿武剋の出身中学校

阿武剋関は2000年5月5日、モンゴル・オブス県で生まれました。

中学は地元のモンゴルだと思われますが、どこかわかりませんでした。

阿武剋関は小学校6年生から中学校3年生までサッカーをしていたそうです。

また中学では数学オリンピックのオブス県大会で優勝しました。

横綱照ノ富士関もモンゴル国内の数学オリンピックで、金1回、銀1回、銅2回メダルを獲得しています。

二人とも頭がいい人のようですね。

阿武剋の出身高校

阿武剋関は15歳で来日し、神奈川県小田原市にある私立の旭丘高等学校に相撲留学しました。

旭丘高校がモンゴルで開いた選考会を受け、留学が決まったようです。

阿武剋関は中学までは数学に打ち込んでいましたが、日本の大学で学びたいという希望を持っていたそうです。

阿武剋関は同校の留学第1期生で、高校で相撲を本格的に始めました。

高校2年生の時に関東大会無差別級優勝、3年生の時に全国高校総体準優勝しました。

阿武剋関は2年の時点で日本語を覚えるためのノートをつける必要がなくなったそうです。

来日したばかりの頃は言葉に苦労したようですが、一生懸命日本語を勉強したのでしょう。

中学で数学オリンピックで優勝するくらいだから、元々勉強が好きなのかもしれませんね。

阿武剋の出身大学

阿武剋関は高校を卒業後、日本体育大学に進学しました。偏差値は35~45です。

大学での相撲の成績は以下の通りです。

1年生:東日本新人戦準優勝

2年生:全国学生選手権8強

3年生:東日本学生体重別大会無差別級優勝

     全国学生選抜大会3位

     全国学生体重別無差別級3位

     全国学生選抜大会3位

4年生: 東日本学生体重別無差別級大会優勝

          全国大学実業団対抗刈谷大会準優勝

          全国学生体重別無差別級3位

          全国大学実業団対抗和歌山大会3位

      全国学生相撲選手権大会優勝

阿武剋関は4年生の時に全国学生相撲選手権大会で優勝して学生横綱となり、幕下15枚目格付出の資格を得ました。

阿武剋の学歴は?出身高校・大学まとめ

阿武剋関は15歳で来日し、神奈川県の旭丘高等学校に相撲留学しました。

その後、日本体育大学に進学しました。

大学4年生の時に学生横綱となり、幕下15枚目格付出の資格を獲得し、阿武松部屋に入門しました。

▼関連記事▼