錦戸親方(水戸泉)の嫁と子供!塩まきで人気者だったけど現在は?

元水戸泉の錦戸親方は現役時代、派手な塩まきで人気を集めていましたね。

現役を引退してから大分たちますが、結婚したお嫁さんはどんな人なのでしょう。

また子供は何人いるのでしょうか。

引退から現在までをまとめました。

錦戸親方(水戸泉)の嫁

錦戸親方は2016年2月、22歳年下でソプラノ歌手の小野友葵子(ゆきこ)さんと入籍しました。親方はこの時53歳、友葵子さんは31歳でした。

2人は知人の紹介で出会い、交際から半年後に同棲を始め、結婚に至ったのです。

友葵子さんは1984年3月18日、北海道生まれ。4歳でエレクトーン、6歳よりピアノを始めました。

高校の時に歌に魅了され、本格的に声楽を始めたそうです。

そして昭和音楽大学声楽科、同大学研究科を卒業しました。

親方は友葵子さんが「歌の世界で一生懸命頑張ってる姿に感銘し、一緒に生きていこう」と決めたそうです。

一方、友葵子さんは親方について「とっても堅実で、寛大で、優しい素敵な方」と語っています。

年の差はありますが、お互い惹かれ合ったんですね。

挙式は2016年4月に新高輪グランドプリンスホテルで行われました。その様子は友葵子さんのブログにつづられています。

式には約1100人が参加し、史上最高の列席者数だったそうです。

さすが人気力士だっただけあって、すごく多くの人が参加したんですね。交友関係も広いのでしょう。

友葵子さんは結婚後、おかみ業をこなしながらソプラノ歌手を続けています。

イタリアにも自宅があって、仕事で日本と行き来しているので、大変ではないかと思いますね。

結婚前に元婚約者がいた

錦戸親方は53歳で結婚したわけですが、友葵子さんの前に婚約していた女性がいたのです。

それは2000年、親方が37歳でまだ現役中だった時のこと。

元OLで家事手伝いの27歳の遠藤亜子さんとの婚約を発表しました。

しかし遠藤さんは年齢をサバ読みしていて、実際は33歳だったのです。

それだけではありません。

遠藤さんは初婚ではなく、1988年に千葉ロッテマリーンズの伊藤史生選手と結婚し、4人の子供をもうけていました。

その後2人は籍を抜かずに別離。

遠藤さんは自分の経歴を隠して、今度は西武ライオンズの森慎二選手と籍を入れずに結婚生活を始め、子供も1人できました。

しかし球団は入籍しない遠藤さんを不審に思ったのでしょう。

球団の調査で遠藤さんの素性がばれ、森選手と別離しました。子供は遠藤さんが引き取ったそうです。

遠藤さんは他のプロ野球選手とも噂があった女性でした。かわいそうな錦戸親方は遠藤さんの本性を見抜けなかったようですね。

子供が5人もいるのによくばれなかったなあと。隠し通せると思ったのでしょうか。

錦戸親方と遠藤さんの婚約後、遠藤さんの素性が週刊誌で暴露されました。

そんな女性と一緒になれるわけがないですよね。親方は婚約を破棄しました。

その後親方が女性不信になっても不思議ではありません。

婚約破棄から16年たって53歳での晩婚になったのは、遠藤さんとの一件が関係しているのかもしれませんね。

子供はいる?

錦戸親方と友葵子さん夫妻の間には子供はいないようです。

友葵子さんのブログを見ても、子供は出てこず、愛犬2匹の写真がたくさん載っています。

美容院に愛犬を連れて行ったりして、かわいがっている様子がうかがえるので、子供の代わりみたいな感じなのでしょうか。

今でも夫婦仲がいいようなので、今後子供ができる可能性もありますね。

豪快な塩まきで人気者に

錦戸親方は水戸泉という四股名で関脇まで昇進しました。

特に豪快な塩まきが印象的な力士でした。これは弱気を吹き飛ばすために、新十両の時から始めたそうです。

単に目立ちたがり屋だとか、注目されたいという理由ではなかったんですね。

私は水戸泉と言えば、取り口などは全く記憶になく、大量の塩まきでしか思い出せません。

ロンドン公演では「ソルト・シェーカー」と紹介されるくらい、水戸泉=「大量の塩」というのが多くのファンに根付いたようです。

水戸泉と同時代に大量に塩をまいていた力士には朝乃若がいます。

2人が対戦した時には、豪快にまき上げる水戸泉と、叩きつける朝乃若の塩まきに観客が沸いたそうです。

私は朝乃若が記憶にないので、2人の対戦も覚えていませんが、今見ていたら面白かっただろうなと想像できますね。

現在では照強が大量の塩まきで有名です。

照強は体の大きな対戦相手にびびらないように、気合いを入れるためにたくさん塩をまくそうです。

その塩まきの時には観客から大きな拍手がわくので、それも力になっているのではないでしょうか。

▼関連記事▼
朝乃若(若松親方)の嫁や子どもはいる?現役時代は塩まきが豪快!

照強の塩まきがもったいない?大量の塩の理由や塩の産地は?

引退から現在まで

水戸泉は2000年に引退し、年寄錦戸を襲名しました。

そして2002年には高砂部屋から分家独立して錦戸部屋を創設しました。

結婚した2016年には弟子が相次いでやめたり、おかみさんが豪遊生活を送っていると週刊誌に報じられましたが、2人がテレビで語ったところによると、事実とは違うようです。

さらに錦戸親方が末期の腎不全で透析治療を受けていることがわかりました。

腎不全とは腎臓の機能が低下した状態のことですが、透析治療を受けなければならないほど悪化していたようですね。

まだ新婚なのに末期の腎不全とわかった時、親方もおかみさんも不安になったのではないでしょうか。

しかし食事療法で親方の体調は徐々に回復しました。おかみさんが親方の体を考えて食事を管理しているそうです。愛の力ですね。

錦戸親方は現在役員待遇委員となり、審判部副部長を務めているので、体調には問題がないのでしょう。

錦戸親方プロフィール

本名:小泉政人(まさと)

生年月日:1962年9月2日

出身:茨城県水戸市

幕内戦歴:幕内最高優勝1回、殊勲賞1回・敢闘賞6回獲得。

錦戸親方の2歳下の弟も元力士で、四股名が梅の里、最高位が西十両13枚目でした。

十両は1場所だけでしたが、水戸泉との兄弟同時関取が実現しています。

1992年7月場所で水戸泉が幕内優勝した時には、梅の里と抱き合って喜んだそうです。

私は梅の里のことは知りませんでしたが、兄弟そっくりだったようですね。

梅の里は引退後、錦戸部屋のマネジャーを務めています。

錦戸親方の嫁と子供、現在まとめ

豪快な塩まきで人気力士だった水戸泉は引退後、錦戸親方となり、ソプラノ歌手の小野友葵子さんと結婚しました。

友葵子さんは歌手を続けながらおかみ業をこなしているので、周囲にいろいろ言われたこともありました。

でも親方が友葵子さんの歌手としての仕事を理解し、夫婦としてうまくやっているようですね。

親方としては若い奥さんをもらったので、大事にしたい気持ちが強いのかもしれません。

これからも体調に気を付けて親方を頑張ってもらいたいものです。