明生に結婚する彼女はいる?好きなタイプは有村架純で性格は?

立浪部屋の明生関はかわいいと女性人気も高いようですね。

稽古をよくするので「稽古の虫」とも言われていますが、結婚を考えている彼女はいるのでしょうか。

また好きなタイプは熱愛報道があった有村架純さんとされます。

その報道の真相と明生関の性格についてもまとめました。

明生の結婚と彼女

明生関はまだ結婚しておらず、独身のようです。

以前インスタをやっていた時、彼女と別れたという発言をしていたらしいですが、現在はインスタなどのSNSはやっていません。

現在の彼女についての情報はありませんでした。

明生関はファンにかわいいと言われているので、近寄ってくる女性も多そうですね。

少なくとも彼女がいても隠すようなタイプではないようです。

番付がもっと上がると注目度も上がり、ますますファンが増えるでしょうね。

好きなタイプは有村架純

この投稿をInstagramで見る

kasumi arimura 有村架純(@kasumi_arimura.official)がシェアした投稿

2021年7月、『女性自身』が「有村架純 新小結・明生と『かわいがり愛』」と題した記事を発表しました。

どういう題名の付け方だと突っ込みたくなりますが、それはとりあえず置いておきましょう(笑)。

記事によると、明生関は夢に出てくるほど有村架純さんの大ファンで、師匠の立浪親方と有村架純さんの事務所関係者との付き合いから、2人は連絡を取り合う仲になったということです。

明生関は記事の中で次のように語っています。

「有村さんに会ったことはない」

「女優さんの中ではいちばんキレイだと思います」

「ずっとファンですから、会えるなら会ってみたい。自分にとっては雲の上の存在」

しかし同誌の発売後、有村架純さんの所属事務所が激怒しました。

全くの事実無根であり、法的措置を取る予定」

「相撲界の方とは全く面識はなく、連絡を取ったことも、コメントをしたこともございません」

と完全否定したのです。

まるでフラれたような形になった明生関ですが、それで落ち込んだわけではなく「あれで名前が広がりました」と言っていたそうです。

どちらかと言うと地味な感じがある明生関なので、名前が広がったことも、「雲の上の存在」の人と熱愛報道が出たこともうれしかったでしょう。

もしかするとその週刊誌を大切に保存しているかもしれませんね。

また明生関は後にテレビで、有村架純さんとの交際報道について「びっくりしました。一度も会ったことがない。何もない」と言っていました。

立浪親方も明生関から「会う前に終わった」と言われたそうです。

明生関と有村架純さんの間に何もなかったのは事実のようですね。

そして今だに所属事務所から法的措置は取られていません。

なにはともあれ、この一件で明生関はきれいな人が好みなんだなとわかりましたね。

明生関は7月24日生まれのしし座のO型で、実際このタイプは面食いが多いようなので、結婚相手もきっときれいな人を選ぶと思いますよ。

性格は意外?

明生関は寡黙で実直な性格で、立浪親方によれば「何も言わなくても努力する。真面目というか真面目すぎる」そうです。

自然豊かな土地で育ったせいもあるのでしょうか。明生関は子供の時は虫捕りをしたり、海で泳いだり、もりで魚を取ったりしていたそうです。

そして稽古もよくする力士で、稽古量は角界一とも言われます。

一方「けっこう泣き虫」だということを立浪親方がテレビで暴露していました。

なんだか意外ですね。それを知って以来、明生関の顔を見ていると本当に泣き虫のように見えてくるから不思議です。

明生関としては泣き虫ということをバラされたくはなかったでしょうね。

また負けず嫌いで、稽古で負けても悔し泣きするくらいだそう。誰が相手でも負けたくないみたいですね。

明生関が力士になろうと決めたのは、稼いで親孝行をしたいと思ったからだそうで、親思いの優しいところもあるようです。

また明生関はおとなしい性格だからか、自分とは違う気性の激しい元横綱の朝青龍にあこがれたそうですよ。

問題があって引退した横綱だったので、そこは見習ってほしくないと私は思うんですが。

そしてもちろん目標は横綱になることだそうです。

明生の結婚、彼女、好きなタイプ、性格まとめ

明生関はまだ独身のようですが、現在彼女がいるかはわかりませんでした。

好きなタイプは有村架純さんで、ずっと好きだったみたいですね。

そんな有村さんとの熱愛報道が出ましたが、事務所によれば「事実無根」で、明生関も「会ったことがない」と言っています。

明生関からすると、噂になっただけでうれしかったに違いありません。

真面目で負けず嫌いだけれど、泣き虫な明生関はどんな女性を結婚相手に選ぶのでしょうね。

▼関連記事▼