琴勇輝(君ヶ濱親方)の嫁と子供!弟や性格は?

突き・押し相撲で活躍した琴勇輝は引退して君ヶ濱親方となりました。

現在はテレビの大相撲解説者として登場することもありますね。

そんな親方は結婚してお嫁さんと子供がいます。

お嫁さんとの馴れ初めはどのようなものだったのでしょう。

子供や弟、性格についてもご紹介します。

琴勇輝の嫁

琴勇輝は2017年1月、25歳の時に岐阜県出身で元保育士の井川留美さん(31歳)と結婚しました。お嫁さんのほうが6歳上になります。

二人は井川さんの父親が、師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)を現役時代から応援していたことが縁で知り合いました。

それから約2年交際していたそうです。

挙式は2017年6月にホテルニューオータニで行われ、盛大に祝福されました。

佐渡ヶ嶽部屋はデヴィ夫人が応援しているようで、夫人も参加されたということです。夫人がいるだけでその場がさらに華やかになったでしょうね。

子供

琴勇輝夫妻の間に2019年3月、第1子となる長女が誕生しました。

その後、第2子となる長男が生まれたようです。

二人が写っている写真がこちら

今のところ子供は二人ですが、今後増える可能性もありますね。

弟は病院勤務

琴勇輝は母子家庭で育ち、3歳下の弟・彦起(げんき)さんの面倒をよく見ていたようです。

彦起さんは埼玉医大に進学しましたが、その学費は琴勇輝が2013年11月場所で大ケガをするまで出していました。

彦起さんは休学して兄に付き添った時、兄を支える理学療法士に感銘。

「将来は兄のために」と理学療法士を目指すため医大を中退し、奨学金制度のある大阪のリハビリ専門学校に入学しました。

琴勇輝は彦起さんが専門学校に入学した後、殊勲賞を獲得したのですが、その賞金はすべて彦起さんに手渡しています。

三賞の賞金は200万円です。そんな大金を弟にあげるなんて、琴勇輝は本当に弟思いなんですね。

彦起さんは希望通り理学療法士となって、現在大阪の病院で働いています。

現役中の兄を支えるのには間に合いませんでしたが、親方となった兄を支えるつもりのようです。弟も兄思いのいい人なんですね。

ホウで人気に

琴勇輝と言えば「ホウ」という独特な気合の掛け声を、最後の仕切りで発するのがお決まりでした。

横綱白鵬に「犬じゃないんだから、ほえるな」と、やめるように注意されても琴勇輝は続けたのです。

琴勇輝はこの発声は三段目時代から続けている気合入れの動作だったので、いくら横綱に叱られようとやめたくなかったようですね。

しかしその後審判部から注意を受け、琴勇輝はやめざるを得なくなりました。

出身

琴勇輝が生まれたのは香川県丸亀市で、垂水小学校4年生の時に相撲を始めました。

その後相撲部のある中学に入るため内海町(現小豆島町)に移り住み、内海町立内海中学校に入学します。

そして香川県立小豆島高等学校に進学。

インターハイなどで優秀な成績を収め、高校を中退して佐渡ヶ嶽部屋に入門しました。

入門後に出身を小豆島町としたのは、中学の時からお世話になっていたからだそうです。琴勇輝は義理堅い人みたいですね。

性格

琴勇輝は意外に(?)真面目な性格だそうです。

佐渡ケ嶽親方が言うには「負けん気が強く、突き・押しに持ってこいの性格だった」そうですよ。

これは見ていると何となくわかります(笑)。

そしてしゃべるのが好きで、1時間も2時間もしゃべってしまうようです。

そのおしゃべりが活きているのか、相撲の解説も流暢でわかりやすいと好評です。

私も初めて解説を聞いた時には、荒磯親方(稀勢の里)みたいによくしゃべる人だなと(笑)。

私からすると、ぼそぼそ小声で話す親方よりも好感は持てますよ。

プロフィール

四股名:琴勇輝一巖(ことゆうきかずよし)

本名:榎本 勇起(えのもとゆうき)

愛称:ユウキ

生年月日:1991年4月2日

出身:香川県小豆郡小豆島町(出生地は丸亀市)

所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋

得意技:突き・押し

血液型:B型

趣味:昼寝、銭湯巡り

琴勇輝の最高位は東関脇で、殊勲賞1回、金星1個獲得しました。

膝や肘のケガで稽古が十分にできなくなり、幕下まで落ちたことが引退理由となりました。

断髪式後は初心に戻るという理由で丸坊主になり、視聴者を驚かせました。

琴勇輝の嫁と子供まとめ

琴勇輝は6歳上の元保育士と結婚し、二人の子供に恵まれました。

琴勇輝は母子家庭で育ったため、弟の面倒をよく見ていたようです。

弟の大学の学費を出してあげる一方、弟は兄を支えるために理学療法士になりました。兄弟仲がいいようですね。

引退後は君ヶ濱親方となって、相撲の解説も担当しています。

今後もわかりやすい解説が楽しみです。