和服の女性

人気力士の御嶽海関が所属する出羽海部屋は名門として有名です。

御嶽海関を指導する親方とはどんな人なのでしょう。

そして親方の奥さんであるおかみさんも気になりますよね。

そこで二人の子どもも併せて調べてみました。

出羽海親方の履歴

現在の出羽海親方は元幕内の小城ノ花昭和(おぎのはなあきかず)さんです。

2014年2月に11代出羽海を襲名して、出羽海部屋を継承しました。

出羽海部屋は現存する部屋では最多の9人の横綱を育てるなど、相撲界随一の名門とさています。

また九重部屋とともに部屋所属の力士が10場所連続して優勝を果たすという記録も持っているんですよ。

ここで出羽海親方の簡単なプロフィールをご紹介します。

本名:小岩井昭和(こいわいあきかず)

四股名:小城ノ花昭和

生年月日:1967年11月18日

出身:千葉県市川市

最高番付:前頭2枚目

得意技:左四つ、上手投げ

父は元関脇・小城ノ花正昭さんで、弟は元小結・小城錦さんという相撲一家です。

小城ノ花さんは千葉商大付属高校を2ヶ月で中退し、大相撲に入門します。

1983年7月場所で初土俵。

1987年3月場所で父の四股名を受け継いで、本名から小城ノ花昭和と改名しました。

1998年7月場所で幕下陥落が濃厚となったため、現役を引退し、出羽海部屋の部屋付き親方となりました。

幕下優勝は1回、十両優勝は4回しています。

同じ1967年生まれの力士に舞の海秀平さんがいます。舞の海さんは今は大相撲の解説をされていますよね。

親方は2016年1月に日本相撲協会理事選挙に立候補し初当選

2019年7月に朝稽古を指導中に倒れましたが、3日間入院した後復帰しました。

倒れた時2度心臓が止まったそうですが、部屋に設置してあったAED(自動体外式除細動器)を使用したおかげで、大事には至らなかったそうです。

その時部屋にAEDを使える人がいたから助かったのですね。

そして2020年3月場所後に理事2期目に就任しています。

親方は前頭2枚目が最高番付でしたが、相撲協会の理事は普通、小結以上の役力士を経験している人がなることがほとんどで、それより下の番付だった人が理事になることは少ないそうです。

出羽海部屋という名門を引き継ぐことができたのも、前出羽海親方(元関脇鷲羽山)から人柄の良さを見込まれたためだそうですよ。

現役時代の地位が物を言う相撲協会で、親方が出世したのは人柄のおかげなんですね。

おかみさんはこんな人

この投稿をInstagramで見る

藤 あや子(@ayako_fuji_official)がシェアした投稿 -

出羽海部屋のおかみさんは名前が小岩井麻弓さんで、親方の6つほど年下です。

上の写真で親方の隣りに綺麗な姿勢で座っている女性がおかみさん。

おかみさんというと綺麗な人が多い印象がありますが、出羽海部屋のおかみさんも例外ではないようです。

御嶽海関は出羽海親方に「部屋の再興に力を貸してほしい」と言われて入門を決めましたが、おかみさんが綺麗だったことも入門の後押しになったそうです(笑)。

御嶽海関が言うには「おかみさんは大事」だと。

おかみさんと相撲とは関係がなさそうですが、いつもそばで世話をしてくれるおかみさんが綺麗だとやる気が出るのでしょうか。

本当に男って言うのは(笑)。

親方もおかみさんも親のような存在でもあるのでしょう。

おかみさんは親方と結婚する前は何をされていた人なのかは情報がありませんでした。

出会いはどこでとか、どうやって結婚に至ったのかもわかりません。

ただ力士は後援者の紹介で知り合い、結婚することが多いそうです。

男だらけの社会ですから、女性と付き合う機会も少ないのかもしれません。

二人も紹介で知り合って結婚した可能性もありますね。

親方が部屋を継ぐ時、麻弓さんは不安を感じたそうですが、親方に「大家族を作ろう」と言われて、受け入れることができたそうです。

家族と言っても弟子たちとは血のつながりがないので、よく親方の言うことを納得できたなと私は感心してしまいますが。

おかみさんとなれば、弟子の世話や部屋の管理、雑用が大変です。

麻弓さんが最初不安になったのも当然でしょう。

それでも親方の言葉でおかみさんになる覚悟ができたのですね。

子どもは三人

出羽海親方夫妻には娘さんが一人、息子さんが二人います。

コラムによれば2015年の時点で中1と小6と小2なので、まだ三人とも10代になりますね。

自分の子どもの世話をしながら、部屋の弟子たちの面倒をみるのは大変だろうと思います。

バレーボールを見に行くのが趣味となっていますが、それが気晴らしにもなるのでしょうね。

男の子が二人ということで、将来相撲を始めて入門する可能性もあります。

親方としては期待もするのではないでしょうか。

親方自身は高校の時は野球部で、相撲経験がなかったばかりではなく、普段は相撲部屋に出入りすることもなかったようです。

しかし力士になると高給取りになれるという話を聞いて入門したそうですから、親方の息子さんもいつかその気になるかもしれませんね。

まとめ

御嶽海関の師匠・出羽海親方とおかみさん、その子どもについてまとめました。

出羽海親方が部屋の再興のために御嶽海関を勧誘したのは正解だったでしょう。

御嶽海関は人気力士となり、幕内で2度の優勝を成し遂げました。

親方もおかみさんも大変喜んだでしょうね。

御嶽海関の優勝で現行の優勝制度が発足してから、出羽海部屋は明治、大正、昭和、平成、令和の各元号で優勝力士を輩出した唯一の部屋となりました。

名門にふさわしいと言えるでしょう。

▼こちらの記事もどうぞ▼
出羽海部屋(御嶽海所属)の朝稽古見学と宿舎情報!