清見潟親方(栃煌山)の嫁と子供!引退理由と現在は?

大相撲で活躍していた栃煌山は引退して、清見潟親方となりました。

現役中に結婚しましたが、お嫁さんはどのような人なのでしょう。子供は何人いるのでしょうか。

引退理由、現在についてもまとめました。

清見潟親方(栃煌山)の嫁

栃煌山は2017年6月、滋賀県大津市出身の会社員山本せりさんと入籍しました。この時二人は30歳。

二人は2013年に後援会関係者の紹介で知り合いました。

そこで栃煌山がせりさんに一目惚れ。2014年から付き合い始め、自然に結婚を意識するようになったそうです。

せりさんは栃煌山の調子が悪い時は励ましたり、栄養を考えて食事を作ったりと、栃煌山を献身的に支えてくれたようです。

そんな時せりさんの妊娠がわかり、栃煌山は結婚を決意しました。いわゆるできちゃった結婚だったんですね。

栃煌山は入籍直後の7月場所は12勝という好成績で、続く秋場所で1年ぶりに三役に復帰したので、結婚効果と言えるでしょう。

そして結婚披露宴は2019年2月に行われ、約500人が出席しました。

入籍から1年半以上経過していますが、この日はせり夫人の父の命日だったそうです。

きっと栃煌山がこの日にしようと提案したのではないかと思いますね。

披露宴では藤井フミヤさんも登場して「TRUE LOVE」を披露し、会場は盛り上がったようです。

栃煌山とフミヤさんて、どんなつながりなのでしょう。親交があるんでしょうか。意外な組み合わせですね。

子供は何人?

栃煌山とせりさんとの間に2017年9月、女の子が誕生しました。名前は禀(りん)ちゃんです。

現役中に長女が誕生しているので、栃煌山は一層頑張ろうと力になったようです。

その後、男の子が生まれました。名前は不明です。

現在栃煌山夫妻に子供は二人ですが、夫妻の年齢を考えると今後また子供ができるという可能性はありますね。

プロフィール

本名:影山雄一郎(かげやまゆういちろう)

愛称:カゲ、シャケ

生年月日:1987年3月9日

出身:高知県安芸市

血液型:A型

趣味:読書、寝ること

引退の理由と現在

栃煌山は2020年3月場所で引退し、年寄・清見潟を襲名しました。

幕内から十両に陥落し、その後幕内に復帰した時に、次に十両に落ちた時にはやめようと決めていたそうです。

体が動かなくなっていたというのも一因だったようですね。

現在は春日野部屋の部屋付き親方として指導しています。

清見潟親方(栃煌山)の嫁と子供まとめ

栃煌山は一目惚れした山本せりさんと結婚し、女の子と男の子をもうけました。

現在子供は二人です。

引退後は年寄・清見潟を襲名し、春日野部屋の部屋付き親方となりました。

▼関連記事▼