安美錦(安治川親方)の嫁は才色兼備!子供の数や兄弟は?

多彩な技で土俵を沸かせた人気力士の安美錦は、引退して安治川親方となりました。

ケガに苦しみながらも長く現役を続けられたのは、家族の支えがあったからのようです。

そんな安美錦のお嫁さんはどんな人なのでしょう。

そして子供は何人いるのでしょうか。

若い頃や兄弟、入学した大学院についてもまとめました。

安美錦(安治川親方)の嫁は才色兼備

2013年2月安美錦は34歳の時に、家事手伝いで東京都出身の浅香絵莉さん(29歳)と婚約しました。

絵莉さんは身長170センチの元グラビアアイドルで、早大法学部卒という才女。白井絵莉(愛称シラエリ)という名前で活動し、映画やドラマなどにも出演していました。

2人は2012年の12月に日馬富士の横綱昇進祝賀会で後援者から紹介されて、交際を開始していたのです。

つまり交際からわずか2ヶ月で婚約という速さだったんですね。お互い一目惚れだったそうです。

プロポーズの言葉は「オレのみそ汁を作ってください」でした。古風なプロポーズといった感じがします。

絵莉さんのことは「自然な感じが心地よかった。すてきな方だと思った。ピンと来た」

絵莉さんは安美錦のことを「冷静なんだけど、面白いところが好き」

とお互いのことを話していました。

女性人気が高かった安美錦なので、婚約発表にショックを受けたファンも多かったことでしょう。

婚約指輪は8.5カラットのダイヤで、給料1年分だそうです。約2,000万円とされます。さすが関取は稼いでいますね。

結婚披露宴は2013年6月にホテルニューオータニで行われ、約700人が出席しました。盛大に祝福されたみたいですね。

絵莉さんは料理は全くしていなかったそうですが、アスリートフードマイスターの資格を取得しました。

そして安美錦のために10品目以上の料理を準備し、地方場所では定期的に食事をチルドパックで送っていたそうです。

力士である夫の体を考えて、献身的に支えたんですね。おかげで安美錦の体調もよくなったみたいです。

いい奥さんをもらったなと感じますね。

子供の数

安美錦夫妻の間に2013年10月、第1子となる長女・友緑(ともみ)ちゃんが誕生しました。

2015年5月には次女・公緑(くみ)ちゃんが誕生。

安美錦のブログに写真が載っていました。それがこちら

2人とも「緑」が付くんですね。どちらもなかなか難しい読み方です。

そして2017年7月には第3子となる長男・丈太郎君が誕生。写真はこちら

これまで1男2女ができたことになります。

お嫁さんによれば安美錦は子煩悩で、子供をすごくかわいがっているみたいですね。

「3人目の子供が相撲をわかるまで取れたらいい」と話していた安美錦ですが、長男が2歳の時に「あみにしき」と口にしたため、安美錦はすごく喜んだそうです。

「言えたから、もういい。全部やったな」と。目標が達成できたという感じだったのでしょう。

お嫁さんと子供が安美錦の大きな力になっていたのが感じられますね。

若い頃

安美錦は高校まではガリガリで細く、入門してからは太るためにどんぶり飯5杯とおかず5、6品を専用のテーブルで食べさせられたそうです。

新入幕の時には幕内最軽量で小兵だったため、大ケガにもつながりました。

一方、巡業先ではあちこち遊びに出掛けて、兄弟子に注意されることもあったようです。

地元の青森では遊ぶところがなかったそうなので、全国を回っていると刺激的で楽しかったのでしょう。

そんな安美錦の若い時の写真がこちら。

このような顔立ちだったため、女性にもモテモテだったことは容易に想像できます。それこそ女性はよりどりみどりだったでしょう。

そんな中、現在のお嫁さんと運命の出会いを果たしたんですね。

兄も祖父も元力士で師匠は親戚

安美錦の兄も元力士で、安壮富士(あそうふじ)という四股名でした。

兄弟とも高卒で安治川部屋に入門し、2006年11月場所と2007年1月場所の2場所で、兄弟同時幕内も実現しました。

しかしその後安壮富士は十両に陥落すると一度も幕内に戻ることなく、八百長に関与したため2011年に引退となりました。

現在は伊勢ヶ濱部屋専属のトレーナーを務めています。

安美錦の祖父も元力士で出羽海部屋に所属していましたが、四股名はわかりませんでした。顔写真も見当たりません。

安美錦の父は地元の相撲道場の指導者で、青森県相撲連盟会長を務めていました。

まさに相撲一家だったんですね。

さらに師匠の伊勢ヶ濱親方(元横綱・旭富士)は安美錦の父のいとこに当たります。私はこのことを知らなかったので驚きました。

安美錦の本名は杉野森ですが、伊勢ヶ濱親方の本名も杉野森なんですね。

その縁で安美錦と兄は安治川部屋(後の伊勢ヶ濱部屋)に入門することになったそうです。

▼関連記事▼
伊勢ヶ浜親方の現役時代と現在!おかみさんと子どもはどんな人?

引退後は大学院へ

安美錦は2019年7月場所で引退しました。この時40歳。

殊勲賞4回、敢闘賞2回、技能賞6回と12回も三賞を受賞し、関取在位は117場所で歴代1位、さらに昭和以降で最高齢(39歳6ヶ月)の再入幕を記録しました。

また「技のデパート」と呼ばれた舞の海の34手を超える、45手の決まり手を決めました。

技巧派と言われるほど相撲がうまかった安美錦ですが、度重なるケガで幕下陥落が決定的になり引退を決意。その後年寄・安治川を襲名しました。

現在は伊勢ヶ濱部屋の親方として指導しています。

2021年4月には早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程1年制に入学。スポーツマネジメントなどを学んでいます。

元横綱稀勢の里の荒磯親方も2020年に同じ課程で学び、修士課程を修了しました。

安美錦は妻の絵莉さんが早大出身ということもあり、一緒の学校に行きたかったようです。

将来的には独立も考えているそうですよ。

▼関連記事▼
荒磯親方(稀勢の里)はなぜ中卒で早大大学院に?飛び級がすごい

プロフィール

四股名:杉野森竜児(すぎのもりりゅうじ) → 安美錦竜児(あみにしきりゅうじ)

本名:杉野森竜児

愛称:あみたん

生年月日:1978年10月3日

出身:青森県西津軽郡深浦町

所属部屋:安治川部屋→伊勢ヶ濱部屋

血液型:A型

趣味:ドライブ、ゴルフ、映画鑑賞

安美錦の嫁と子供まとめ

安美錦は相撲一家で育ったので、大相撲に入門するのは自然な流れだったのでしょう。

34歳の時に元グラビアアイドルと結婚し、3人の子供を設けました。

何度もケガに悩まされましたが、家族の存在が支えになっていたようです。

引退後は安治川親方として後進の指導に当たっています。

今後はどのような力士を育てていくのか楽しみですね。