土俵

今や大人気になった炎鵬関の朝稽古を見てみたいと思うファンも多いと思います。

いつも小さな体で大きな相手に立ち向かっていく炎鵬関が、普段どんな稽古をしているのか気になるのではないでしょうか。

そこで炎鵬関が所属する宮城野部屋の見学方法と宿舎情報についてまとめました。

合宿についてもご紹介します!

宮城野部屋の朝稽古見学方法

東京にある宮城野部屋は現在一般の人の見学はできないようです。

ホームページもないので問い合わせようと思い、調べて出てきた電話番号にかけると「現在この番号は使われておりません」となりました。

私は「うそ~」と思いましたが、電話番号を変えて公表していないようです。

部屋によっては旅行会社が企画する朝稽古見学ツアーがありますが、それもありません。

見学するには後援会に入ってくださいということでしょうね。

しかし地方場所は見学できるところもあるので、次でご紹介します。

宿舎情報

東京宿舎

東京の宿舎は2015年に現在の場所に移転しました。

幹線道路沿いにある4階建ての建物です。

住所:東京都墨田区八広2-16-10

アクセス:京成電鉄押上線「京成曳舟駅」から徒歩7分

大阪宿舎

大阪宿舎は2016年に堺市から大阪市に移転しました。

写真でおわかりのように、駐車場に土俵が作られています。

この駐車場の持ち主は白鵬関の後援者らしいですよ。

こちらは一般の人も見学が自由です。

住所:大阪市天王寺区石ケ辻町14-13 kgビル

アクセス:近鉄大阪線「大阪上本町」駅から徒歩2分

名古屋宿舎

名古屋場所の宿舎は2019年に名古屋市内から豊田市のトヨタスポーツセンターへ移転しました。

所属力士が増えたこともあって前のところが手狭になったそうです。

宮城野部屋所属の白鵬関はトヨタの豊田章男社長と親交があり、社長の紹介で移ることになりました。

土俵は体育館の地下にあります。

クーラー完備だそうで快適に稽古ができるようですね。

名古屋宮城野部屋ファンクラブによれば稽古場が室内のため、稽古の一般見学はできず、後援会とファンクラブの会員のみ限定となっています。

しかし白鵬関はファンの人にいっぱい見てもらえるように、現在は使用されていない屋外の土俵を稽古土俵として使いたいようで、トヨタの人に話をしたそうですよ。

今後、白鵬関の希望通り屋外で稽古することができるようになるかもしれないので、名古屋場所が近づいたら名古屋宮城野部屋ファンクラブのホームページを確認してみてください。

住所:豊田市保見町井ノ向57-230 スポーツセンター内合宿所

アクセス:名鉄豊田線「三好ヶ丘」駅から徒歩約18分

九州宿舎

九州宿舎は南蔵院という篠栗四国霊場の総本寺にあります。

上の写真に見えますが、世界最大のブロンズ製の涅槃像があります。

こちらは一般の人も見学が自由です。

住所:福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗942-5 南蔵院法友殿

アクセス:JR篠栗線「城戸南蔵院前駅」から徒歩3分

 

白鵬関は稽古を終えれば列が途切れるまで、サインをしたり写真撮影に応じたりするのが日課となっているそうです。

このようなファンサービスはうれしいですよね。

長浜合宿は見学自由

宮城野部屋は2014年から毎年滋賀県の長浜市で6月に合宿を行っています。

滋賀近交運輸倉庫(株)の会長が白鵬名古屋後援会の役員という縁により実現したそうです。

無料のちゃんこ鍋サービスの日もあるので、近くの方は行ってみてはどうでしょうか。

稽古時間は午前7時頃から午前11時半頃までです。

住所:長浜市山階町138番地 滋賀近交運輸倉庫(株)構内・大テント倉庫

アクセス:JR長浜駅(東口)から湖国バス「伊吹登山口」行き、または「市内循環線」に乗車 イオン長浜店から徒歩3分

まとめ

宮城野部屋の朝稽古見学方法と宿舎情報をまとめました。

東京の部屋は一般の人は見学ができないようですが、大阪と九州場所の宿舎、長浜合宿は見学が可能です。

それぞれの地元の人は行きやすいと思いますので、機会があれば見学してみてはどうでしょう。

本場所とは違う雰囲気で、いろんな発見があるかもしれません。

サインをもらったり、写真を撮ってもらったりと、ファンならうれしい触れ合いが期待できます。

▼関連記事▼
炎鵬後援会の入会特典は?一緒にパーティーも!